夏の姫路城 –2018年夏 姫路 その1

その他観光
Exif_JPEG_PICTURE
スポンサーリンク

この酷暑のなか、姫路に遊びに行きました。

 

姫路に行くのは小学生以来。家族で姫路城に行ったことを朧げに記憶しています。今回、久しぶりに姫路城に行くことにしました。

 

ほんとうは官兵衛(大河ドラマ)がやっている時に、行きたかったのだけれど、人が多いのは嫌だなあと思っていたら機会を逃してしまいました。

 

 

 

ごくごく最近、7月から専用アプリが導入されたようです。

敷地内にいくつかポイントが設定されていて、そこで使うとナビゲーションしてくれるらしい。今調べたら、なんとFree Wi-Fi対応でした。小学生くらいのお子さんがよく使っていましたが、大人が使っても面白そうです。

わたしは、日傘とカメラを持つのに忙しくて、使いませんでしたけど…(とにかく暑くてそれどころではなかった)。

 

 

 

入城口を入ってすぐのところ。奥に見えるのは菱の門です。

いの門の手前で、おそらくこの時期だから、飲料水を露天販売していました。そこから先は1時間くらいは買えないので、水分補給は必ずしてくださいと呼びかけておられました。ほんとう、この暑さ。熱中症にならないように注意してもしすぎることはありません。

 

 

 

どこから撮っても絵になる。面白い。

 

 

 

狭間。ここから鉄砲を撃つんですよ。面白いなあ。

 

 

石垣も、場所によってかたちや組み方が違っていて面白いなあと思いました。

 

 

 

姫路城は大阪城なんかと違って中はお城の構造です。(大阪城は展示博物館的な)

個人的にはこっちのほうが面白くて好き。

 

 

地階と、六階の七階建てです。階段はとっても急です。

高齢者や小さいお子さんは大変かもしれません。もちろんエレベーターもありません。

 

 

意外となかは外からの光が入ってそこまで暗くない。そして広い。

想像力が掻き立てられます。

 

 

白くて美しいです。

 

 

お菊さんの井戸。

 

 

 

諸事情で駆け足での姫路城散策になりましたが、子どもの頃以来だし、お城に来るのも久しぶりだったので楽しかったです。でも、次に来るのならもっと涼しい時に来たいなあ。今回は百間廊下も行けなかったので、またゆっくり来てみたいと思いました。

 

 

 

官兵衛の文字に反応。

 

登って行くと…

 

 

石垣でした。

あとで兄に写真を見せたら、「石垣の組み方が全然違う。こっちのほうが古い」と興奮気味に言われました。そう言われれば。お城好きの熱の違いを感じました。

 

このあと、お隣の好古園へ行きました。

それはまた次回に。

 

 

* * *

 

先日は大きな台風が見たこともない進路で西日本を直撃して、まだ災害のあとが残る地域になんでまた、と思いました。

わたしの住んでいる地域は夜中に通過しましたが、あり得ないほど風で家が揺れて眠れませんでした。

台風で被害に遭われた方々に、お見舞い申し上げます。

コメント