2019年出雲旅行 その5:日御碕の海の景色

その他観光
スポンサーリンク

日御碕の続きです。

灯台を見学したあとは、海沿いの遊歩道を歩きました。

 

スポンサーリンク

日御碕周辺

 

 

日御碕神社をあとにすると、海沿いに行くと鳥居が見えます。

こちらを右に曲がると、二手に道が分かれていて、海岸沿いに行く方向と、登り道になるルートがあります。

海岸沿いは、漁港で、登り道が日御碕灯台へ通じる道です。

 

これが、はじめよくわからなくて、ぐるぐる同じところを30分くらい迷っていました(笑)

 

ちなみに、この奥の道は遊歩道で、車で行く場合は別ルートで行きます。

(日御碕神社へ行く道を、右手に曲がると灯台方向に通じます。広い駐車場があります)

余談ですが、日御碕のバス停前のトイレは、新しくてめちゃくちゃ綺麗でした。

 

 

 

海沿いは、遊歩道になっています。

崖の多い地形です。

 

 

お天気が良いと、散策するのには良いですね。

ちょっと日差しはきつかったけど、この日も散策日和でした。

 

 

サスペンスドラマのラスト20分あたりで出てきそうです。

怖くて道の端から眺めるだけ。

こういうとき、わたしはとっても慎重なのです。(たぶん、HSPだから)

 

 

 

どんどん進むと、休憩するのにちょうど良さそうな東屋がありました。

ちょうど良いので、ここらへんで休憩しよう。

 

 

海を見ながらぼんやりと休憩しました。

誰もいないし静かだし、海は綺麗だし風も心地よい。

ふと、ここでわたしがいなくなっても誰も気づかないんだなあと、不思議な気持ちになりました。

 

わたしは普段、海のない地域に住んでいるし、そんなに海に関心のある人でもないので(実は山にもそれほど関心がない)、「海ってほんとうに広くて大きいんだなあ」と、いまどき小学生でも思わなさそうなことを考えて、しみじみとしていました。

 

けっこうゆっくり海を見て回ったんだけど、バスが来るまでさらにあと1時間以上あったので、このあとカフェへ行きました。

日御碕は、結局3時間以上滞在していたのですが、こういう風に無為に時間を過ごすって、なかなかない体験です。そうそう、携帯も電波が届かないところがあった。

 

いつもは、そういう時間に憧れているはずなのに、いざそういうものがポンと差し出されると、どう過ごして良いかわからず、思ったよりも心やすらかに過ごせない。

つまり、これは場所や空間の問題ではなくて、自分のこころのあり方何だろうなと思います。

 

結び

これといって大きな出来事があったわけじゃないんだけど、こうやって振り返って文章にしてみると、わたしはここの時間と空間を目指して、わざわざ日御碕へ行ったのかもしれない、と思いました。うん、いままさにそう思った。

出雲旅行も終盤。最後はグルメ編です。

旅行記はどちらかというと、自分のための覚え書き要素が大きいのですが、もう少しお付き合いくださいませ。

 

大型台風が近づいています。

被害ができるだけ少なくて済みますようにと、願ってやみません。

 

関連情報

▽関連リンク

▽出雲旅行記事一覧(予定)

2019年出雲旅行 その1:稲佐の浜
2019年出雲旅行 その2:出雲大社
2019年出雲旅行 その3:日御碕神社
2019年出雲旅行 その4:出雲日御碕灯台
2019年出雲旅行 その5:日御碕の海の景色
2019年出雲旅行 その6:出雲で食べたもの覚え書き

 

その他観光
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ミノリをフォローする
スポンサーリンク
HSP とりねこブログ 

コメント