カズオ・イシグロ

小説

薄明「遠い山なみの光」カズオ・イシグロ

遠い山なみの光 (ハヤカワepi文庫) 久しぶりにカズオ・イシグロ作品です。 これまで「日の名残り」、「わたしを離さないで」、「わたしたちが孤児だったころ」、「浮世の画家」、「充たされざる者」と読んできました。(リン...
小説

既視感 「浮世の画家」カズオ・イシグロ

浮世の画家 カズオ・イシグロ著 飛田茂雄訳 カズオ・イシグロ5冊目です。 これ、原文は英語なんですよね。訳者あとがきに、翻訳についての考察が書かれています。 「日の名残り」もそうなん...
小説

充たされない人たち 「充たされざる者」カズオ・イシグロ

充たされざる者 カズオ イシグロ著 古賀林 幸訳 ハヤカワepi文庫 (図書館で借りてきた本なので、アイキャッチの画像はハードカバーです) カズオ・イシグロ4冊目です。 この前に読んだ「わたしたちが孤児だったころ」で“信頼...
小説

カズオ・イシグロ特集その3 「わたしたちが孤児だったころ」

※以前のブログの記事を手直ししたものになります。 わたしたちが孤児だったころ  カズオ・イシグロ著  入江真佐子訳 イシグロ作品3作目です。 この作品について、作品そのものを読み終わった直後よりも、訳者のあとがきを読ん...
小説

カズオ・イシグロ特集その2 「わたしを離さないで」

※以前のブログに書いた記事を手直ししたものになります。 わたしを離さないで カズオ イシグロ著 土屋政雄訳 ハヤカワepi文庫 カズオ・イシグロ2冊目は、「わたしを離さないで」です。 あとがきに、この物語の...
小説

カズオ・イシグロ特集その1「日の名残り」

カズオ・イシグロ特集の導入 カズオ・イシグロの「充たされざる者」を読んでいます。 「2017年はカズオ・イシグロを読もう」と思って3冊くらい読んだところで止まって、忙しい日々にかまけていたらノーベル賞をとってしまったので(「今年はカ...
スポンサーリンク