辻村深月

小説

ご縁のお話 『ツナグ 想い人の心得』辻村深月

「ツナグ」の続編です。前作も読んだことがあるのだけれど、随分前の話です。 だから、細かな内容は忘れてしまいました。 死者と会えること、その仲介をする使者が<ツナグ>と呼ばれる人。 ...
小説以外

『自分ひとりの部屋』ヴァージニア・ウルフ

前から名前は聞いたことがあったのですが、あまりよく知らなかったヴァージニア・ウルフ。 でもなんとなく気になってはいたようです。頭の隅っこに残っていた。 たまたまコロナ禍のなかで、どなたかのTwitterの呟きで「そうだ、...
小説

婚活の話です。「傲慢と偏見」辻村深月

たいてい小説を読む時は、それがなんのお話かはわからないまま読み進めます。 わたしの場合、あらすじを見て選ぶよりも作家さんの名前で適当に選びます。 (ときどき知らない作家さんの本を選ぶときも、特にあらすじを確認しま...
スポンサーリンク