恩田陸

小説

「祝祭と予感」恩田陸/「蜜蜂と遠雷」映画の感想も

実は、本を開くまでなんの本か知りませんでした。 1ページ目を読みはじめて、「あ、これは『蜜蜂と遠雷』のお話だ」と知りました。 通りでタイトルの響きが似ているわけだ。 ▽「蜜蜂と遠雷」...
小説

音楽を言葉で表現する「蜜蜂と遠雷」恩田陸

直木賞を受賞されて、「ちょっと読んでみようかな」と軽い気持ちで図書館に予約しました。いやあ、待ちました。3年かかりました。 待った甲斐は、十二分にありました。あまりに面白くて、3日あまりで読み終わってしまいました。めちゃくちゃ...
スポンサーリンク