HARBSの季節のチョコ マロンチョコレートタルト、チョコレートカスタードケーキ

カフェスイーツ
スポンサーリンク

チョコレートシーズン覚え書きにある、まだ取り上げていないハーブスのチョコレートケーキを今回は紹介します。

たぶん今回ご紹介する2種類のケーキは、食べられる期間が割と短い、レアなケーキです。チョコレートケーキは夏にも取り扱っているし、ストロベリーチョコレートケーキはストロベリーシーズンにも登場する一度にチョコとイチゴと2倍楽しめるケーキです。

※チョコレートカスタードケーキ は、ストロベリーシーズンの2月28日までは取り扱っています。

 

ハーブスのケーキは、大きさの割に食べ切れちゃう大きさで、つまり甘すぎない(適度な甘さ)です。チョコレートケーキってモノによってはどっぷりと来てしまって、最初はおいしくても後半はもういいやってなることもありますが、そこはハーブスさん。チョコレートケーキも最後までおいしくいただけます。

 

 

スポンサーリンク

マロンチョコレートタルト

ラム酒入りのマロンチョコレートクリームで刻んだマロンと生クリームを包んだタルト。ハーブスホームページより)

 

マロンシーズンにマロンチョコレートケーキが登場しますが、あちらはマロンシーズン限定。こちらはチョコレートシーズン限定。マロンとチョコでコンセプトは似ていますが、似て非なるもの。両者は相いれない運命なのです。

 

1年前に食べて断面の写真を撮ることを失念していたのですが(おかしい、ブログ始めていたはずなのに! でもハーブスの記事を最初に書いたのは3月だった)、断面は刻んだマロンと生クリームが入っています。

 

マロンチョコレートケーキで、チョコが強いのか、マロンが強いのか? 気になるところですが、やはり主役はチョコです。マロンはチョコを引き立てる名脇役。

見た目のビジュアルはチョコが強いですが、でもなかにちゃんと刻んだマロンがゴロゴロと入っているので、マロンの存在感が薄いわけでは決してない。そこが面白いケーキです。

 

こうやって改めて記事に書くと、マロンチョコレートケーキはやはりマロンが主役で、マロンチョコレートタルト はチョコが主役と感じられます。それぞれ別にシーズンに出されるのも納得です。

こちらはどちらかというと、マロンタルトのチョコ版に近いです。つまり、マロンタルトのほうが親戚として近い感じ。それを裏付けるように、この時期はマロンタルトがメニューから消えています。

チョコレートカスタードケーキ

ココア風味のシュー皮にブランデー漬けレーズンを加えたミックスクリームをサンド。ハーブスホームページより)

ハーブスで隠れた定番ともいえる、特大シュー皮生地を使ったケーキ。

 

シュー皮ケーキシリーズ自体、シーズンごとの限定となっていますが、ストロベリーシーズンにはストロベリーミルフィーユが登場します。シュー皮生地シリーズは、一度に2つ同時には販売されないので、ストロベリーミルフィーユが登場したらこのチョコレートカスタードケーキ は終わりになります。

 

外側をチョコレートでどーん! とコーティングしていて、食べ応えのあるケーキです。

なかはカスタード系のクリームとブランデー漬けのレーズン。

ハーブスはナッツを食感のアクセントに使うことが多いので、レーズンはめずらしいです。でも、このケーキはけっこうチョコ感も強く食べ応えもあるので、ナッツよりレーズンのほうが合う気がします。

 

ブランデー漬けのレーズンっていうのがまたハーブスらしいですね。お菓子の定番のラム酒漬けじゃないんだ(笑)

 

関連:他のチョコ系のケーキが載っている記事

▽チョコレートケーキ

▽ストロベリーチョコレートケーキ

 

参考リンク

コメント