HARBSのマロンその2 – -和栗のタルト、カスタードマロンケーキ 、マロンクレープ

カフェスイーツ
スポンサーリンク

 

前回に引き続き、ハーブスのマロン特集です。

今回も3種類取り上げます。

 

 

スポンサーリンク

和栗のタルト


 

「栗のリキュールを加えた生クリームと国産大納言大豆を、濃厚なペーストで包みました」HARBSホームページより)

 

昔に食べたので、断面の写真が残っていないのですが……なかは小豆入りのクリームです。

和栗を使って、和のテイストのタルト。

ハーブスには常設メニューでマロンタルトもあるのですが、あちらが洋ならこちらは和です。

同じタルトでも、くっきりと色分けされています。

めずらしく玄米茶と一緒にいただきました。

玄米茶は透明なティーポットで淹れてくれるんです。

 

 

 

カスタードマロンケーキ


 

「香ばしいアーモンドスライスで飾られたケーキの中は刻んだマロンとラム酒風味のミックスクリーム」HARBSホームページより)

 

カスタードの風味のケーキです。

上部のアーモンドスライスが、やっぱり食感の決め手です。

もちろん刻んだマロンはゴロゴロ入っているので、マロン感は引けを取りません。

ちょっと変わったマロン系のケーキが食べたい方におすすめ。

 

 

マロンクレープ


 

「薄く焼いた香ばしいクレープに、マロンと2種のクリームを贅沢にサンドしました」HARBSホームページより)

 

ハーブスといえば、定番はミルクレープです。

そのミルクレープが、マロンの季節はマロンバージョンで登場といえばもう食べるしかない!

 

ミルクレープの美味しさは折り紙つきなので、マロンが好きならオススメです。

いろんなフルーツが食べたいという人は、いつものミルクレープもちゃんとメニューにあるので、そちらにしましょう。

 

 

結び

2回にわたってマロンのケーキを特集してみました。

あと店舗限定のマロングラッセのケーキと、季節外にあるマロンタルトがあります。

マロン系のケーキだけでも8種類。

 

改めて思ったのは、それぞれのケーキで工夫が凝らされている点が違っていてそれぞれに面白さがあること。

あと、やっぱりこれはハーブスの特徴かと思いますが、具(ここでは栗)の量が贅沢に使われていることでしょうか。

どれがいちばん、と言い難いです。

 

それにしても、マロングラッセのケーキ以外全部制覇してしまった自分に驚きます(爆)

 

 

関連記事

 

▽ハーブスのホームページはこちら

コメント