HARBSの夏いちごのケーキ、チョコレートケーキ、メロンケーキ

カフェスイーツ
スポンサーリンク

月一のごほうびハーブスは健在です。今回は、この季節のケーキ3種を紹介します。

スポンサーリンク

夏いちごのケーキ

 

 

夏に食べるいちごのショートケーキ、夏いちごのケーキです。夏だからかちょっとお値段高め(1カット1050円)。

先日食べたばかりなのですが、6〜7月疲弊した自分を癒そうと奮発しました。

 

 

大きないちごがゴロゴロと入っています。ふわふわのスポンジと甘すぎない生クリーム。いちごのショートケーキは日本の定番ケーキですが、ごまかせないですよね。シンプルだからこそ。そういうの好きです。そういう生き方をしたいです、と言うと意味わからないと言われるかもしれません。

 

夏いちごは酸味が強いです。

でも暑い時には不思議ですが、この酸味がちょうど良い塩梅に効いています。

いちごの旬の春頃に食べるとこのケーキは酸っぱいと思って評価が下がりそう。でも夏に食べるとこれもありだなあと思えちゃう。

 

チョコレートケーキ

 

 

お次はチョコレートケーキ。夏のケーキというわけではないのですが、夏でもちゃんとチョコレート系のケーキがあるのはチョコ好きには大切なことですよね。

 

 

このチョコレートケーキはココアスポンジにチョコレートクリームと割と正統派のチョコレートケーキ。そこにくるみも入っていて良いアクセントになります。ブランデーも効いているので、大人のチョコレートケーキです。

果物が入っていないので、けっこうガツンと来ます。後半お腹いっぱいになって来た。果物が入っているほうがやっぱりするするっといけるのかしら。

 

 

このときは、友人とお茶会ハーブスでした。(いつもはひとりでごほうびハーブス。ハーブスはおひとりさまにも優しいお店です)

友人はメロンケーキをオーダー。

というわけで、当初は夏いちごとチョコレートケーキだけにしようと思っていたのですが、ついでにメロンケーキも。

メロンケーキ

 

 

ハーブスに通い詰めて3年。メロンケーキは済みでした。去年食べた。

ケーキだけのズームがないんですが、夏いちごのケーキと同じように、ふわふわのスポンジに甘すぎない生クリームというシンプルスタイルはそのまま。具があまーいメロンになっています。

庶民からするとメロンという響きだけでときめいてしまうのですが、それをケーキに使うなんてなんて贅沢!

しかもね、ちゃんと甘くて熟したメロンなんですよ。これはメロンの季節にしか味わえないいかにも旬のケーキです。

 

ハーブスには店舗限定の2種のメロンを使ったメロンメロンケーキもあります。いつか食べてみたいです。

 

 

おまけ マールブランシュのメロンのパフェ

 

 

メロンを使ったデザートとして初めて衝撃を受けたのを思い出したので番外編。

マールブランシュのメロンパフェ。右は和栗を使ったモンブラン・ジャポン。

メロンといえば庶民からすると……(以下略)なので、それを贅沢にパフェにするという発想、しかもおまけ程度に端っこに切れ端がつくのではなくてメインで、というのに衝撃を受けました。

これは申し訳程度に切れ端が付いている日常のパフェと違って、ちゃんとメロンが生かされたメロンのためのパフェでした。

 

また食べたいな。甘いものは、人生を少し幸せにしてくれます。

 

 

コメント