ミスタードーナツのクロエ(ショコラ&フランボワーズ)2020年1月パティスリードーナツコレクション

カフェスイーツ
スポンサーリンク

ある日、たまたまミスドに入ることになりました。

というのも、作業をしようと思っていたカフェが満席だったからです。

 

わたしは普段は断然ドトール派。

ミスドのドーナツは嫌いじゃないんだけど、店内は明るくてざわざわした空気感が苦手なのです。

 

あと、昔ほどドーナツを食べられなくなったのもあります。

1個食べるとたいていそれで満足してしまって、しばらく「ドーナツ補給」をしなくても良くなる。

 

というわけで、久しぶりのミスドです。(それくらいミスタードーナツを利用するのはめずらしいという話をしたかったらしい。毎回前振りが長くてすみません……)

 

どちらかというと作業をするために入ったんだけれど、せっかくだからドーナツを1個食べることにしました。

わたしは、ポン・デ・ショコラチョコファッションが好き。(ドーナツはチョコ派)

 

しかししかし。

たまにしか来ないんだから、どうせならスペシャルなドーナツ(※高い)でも食べていこうかなあと思いました。

こういう発想は貧乏学生時代はできなかった。

大人になるってこういうことを言うんだね。(いい年した大人はミスドに入るのかどうかは別にして。まあ別に入ってもいいよね。うん)

 

あれです。日々の小さな幸せのひとつです。

 

スポンサーリンク

パティスリードーナツコレクション:クロエ

2020年1月現在、ミスタードーナツではパティスリードーナツコレクションが開催されています。

世界最高峰のパティスリーとミスドがまさかのコラボ!?

なんだかでっかいお話ですね。

 

現在、6種類のスペシャルなドーナツが発売されています。

今回はそのなかから、「クロエ」というドーナツをセレクトしてみました。

名前だけではさっぱりイメージがつきませんね。(クロエはフランス語です)

 

 

こちらがクロエ(ショコラ&フランボワーズ)です。

おお、なんだかいつものドーナツよりちょっと豪華かつ繊細に見えます。

お値段は230円(税抜)

ポン・デ・リングが2つ買えちゃうよ!

 

 

 

ちょっといつものドーナツっぽくないです。

それもそのはず、フィナンチェ風の生地なのだそうです。

 

フィナンシェをイメージして開発したショコラドーナツで、ピエール・エルメのショコラフレーバー「クロエ」を表現。ガナッシュクリーム、ガナッシュホイップ、フランボワーズジャムをサンドし、チョコとフランボワーズ顆粒をトッピングしました。

ミスタードーナツのホームページより)

 

フィナンシェはバター系の焼き菓子です。

オールドファッションよりはしっとり。でも、例えばマドレーヌみたいな焼き菓子に比べるともそもそっとしています。

普段のミスドのドーナツにはない食感です。

ドーナツっぽくないけれども、ドーナツに近づけたような感じとでもいうのだろうか。

 

 

断面。

ドーナツのなかは、ショコラクリームとフランボワーズソースがサンドされています。

チョコレートの甘味と、フランボワーズの酸味が良いバランス。

 

そして、このドーナツは崩れやすいので、フォークで食べたほうが良いです。(イートインはフォークがついてきました)

ドーナツなんだけれど、ちょっと特別なスイーツを食べているような、でもやっぱりドーナツ。という不思議な体験でした。

ミスドで240円は高いけれど、スイーツとして見ると240円は安いかもしれない。

 

結び

このフィナンシェ系のドーナツは、他にもオレンジやキャラメルのバリエーションがあって、それぞれに違っていておいしそうです。

 

そんなにしょっちゅうは行かないんだけれど、また行く機会があったらブログで取り上げたいと思います。

 

関連情報

▽ミスタードーナツの公式サイト

コメント