星乃珈琲店のアイスブリュレ

カフェ・レストランスイーツ
スポンサーリンク

ある日の午後、星乃珈琲店へお茶をしに行きました。

「今日はなににしよう」

考えるとワクワクとします。

 

スポンサーリンク

前日14時以降珈琲タイムセット

 

現在のホシノは、平日でも休日でも、14時以降はスイーツ・ケーキを注文すると、対象ドリンクがプラス280円で注文できます。

コメダ珈琲店もそうなんだけど、ドリンクとスイーツそれぞれにけっこう値段がするので、こういうサービスは嬉しい。しかも、土日も関係なく利用できるのが心憎いですね。

この方式が導入されて個人的にはとっても嬉しいです。

コーヒーチケットの出番は減ったけど。特に期限もないし、まあいいや。

 

アイスブリュレ

 

夏の期間限定のケーキはもう食べたことがあるし、今日はまだ食べたことのないスイーツにしよう。

というわけで、アイスブリュレに決定。

クリームブリュレがアイスになったものです。

 

クリームブリュレとは・・・

フランスのスイーツで、フランス語で「焦がしたクリーム」という意味です。

カスタードプディングに近い。表面のカラメルをバーナーで焦がして、パリパリにするのが特徴的。

簡単にいうと、プリンの表面のカラメルをバーナーでパリパリにしたスイーツ。

日本のプリンとは厳密にいうとちょっと違うんだけど、上品な特別感のあるスイーツです。

 

今回は、そのクリームブリュレをアイスにしたものです。

 

スフレといい、星乃珈琲店はちょこっとだけお仏蘭西の香りがします。

 

 

 

やってきました。

トッピングのフルーツは、季節によって変わるそうです。

いま(8月)は、キウイ、オレンジ、黄桃(缶詰)、ブルーベリー、小さいのはカラントかな?、さくらんぼのシロップ漬け(喫茶店の定番)。

ブルーベリーは冷凍でした。でも暑いので冷凍も悪くない。

 

 

 

あくまでフルーツは脇役なんだけど、やっぱりアイスブリュレだけだとさみしい。

フルーツがあると、目に鮮やかになって、ちょっと嬉しくなります。

脇役さん、とっても大事。

 

そして、ブリュレらしく、表面のカラメルはキラキラとしています。

 

 

 

アイスでも、表面のカラメルはパリッと、割れます。ブリュレの醍醐味。

個人的には、別にカラメルはバーナーで焦がさなくても良いと思っているんだけど、でもこれがないとクリームブリュレじゃないなあという気もします。

ざるそばにわさびがついてないと、物足りないようなものかな。

 

アイスブリュレは、アイスなんだけど、カスタードだから、ふつうのアイスクリームとはやっぱり食感がどこか違います。

ひんやりと冷たく、上品な甘さ。

かき氷も良いけれど、ふつうのアイスクリームも良いけれど、こういうのも悪くないなあと思います。

 

結び

フォンダンショコラもまだ食べたことがないのですが、なんとなくフォンダンショコラは冬のイメージがあります。冬にまた食べたいなあ。

あと、昔はスフレチーズケーキもあったのですが、いつの間にかなくなったようです。残念。

 

関連情報

▽星乃珈琲店のホームページ

▽関連記事

コメント