HARBSのストロベリーケーキ 王道だからこそ美味しさ際立つ

カフェ・レストランスイーツ
スポンサーリンク

ついについに、ストロベリーケーキを食べる日が来ました。

 

スポンサーリンク

ストロベリーケーキ

 

きめの細かいスポンジに、国産イチゴとなめらかな生クリームをサンドしました。

ハーブスホームページより

 

ストロベリーシーズンのケーキはあらかた食べてしまったのですが、ストロベリーケーキは残っていました。

ストロベリーケーキ、日本では一般的にいちごのショートケーキと呼ばれるこのスタイルは、ケーキの王道です。いちごのショートケーキって、日本独自のスイーツなんですよね。

 

子どもの頃は、ケーキといえばいちごのショートケーキでしたが、大人になるとちょっと変わったいちごのタルトとか、そういうのが食べたくなるんだよね。

 

王道のケーキは、シンプルが故に、おいしいものとそうでないものがくっきりと分かれます。

個人的には、いちごのショートケーキを食べればそのお店のレベルがわかるんじゃないかと思う。

ハーブスのケーキがおいしいのは予想はつくのだけれど、「うーん、まあまだいいかなあ」と延ばし延ばしになっていました。

 

ハーブスのストロベリーケーキは、ほんとうにシンプル。スポンジと、生クリームと、いちごだけです。

つまり、おいしいいちごと、おいしいクリームと、おいしいスポンジでなければおいしくありません。

食べてみて、やっぱりこれぞ王道のケーキと納得の味でした。

なかにスライスされているいちごは薄めで、あくまでいちごが主役ではなく、トータルバランスのケーキなのだと思います。

 

ハーブスのケーキを薦めるのなら、やはりフレッシュなフルーツをふんだんに使ったミルクレープこそまず推します。

でも、ストロベリーシーズンは、このストロベリーケーキを薦めたくなります。

 

※ちなみにストロベリーケーキ自体は、11月末ごろからロングスパンで食べられるケーキで、特にストロベリーシーズン限定というわけではありません。

 

 

ストロベリーケーキと夏いちごのケーキの違いは?

ちなみに、ハーブスには夏いちごのケーキも存在します。こちらは夏季限定のメニュー。

見た目はストロベリーケーキに似ています。

夏いちごのケーキのほうが、なかにサンドされているいちごが大きいです。ショートケーキではなく、これは”夏いちご”のケーキなんだという主張があります。

 

夏いちごは酸味があって暑い夏にこそおいしい。

ストロベリーケーキのいちごは甘みが強く冬〜春に食べるのにちょうど良い。

見た目は似ているけれど、全然別物のケーキです。

 

関連情報

▽ハーブスのホームページ

 

▽夏いちごのケーキの記事

▽ほかのいちごのケーキ

 

コメント