HARBSのクレープアラカルト

カフェスイーツ
スポンサーリンク

今月のごほうびハーブスはクレープアラカルトです。

 

スポンサーリンク

クレープアラカルトを食べるまでの執念のお話。

いつもはハーブスに行くとき第3希望まで用意していくのですが、今月は一択にしました。

というのも、もうメニューのケーキは食べ尽くしていて、あとはクレープアラカルトを残すのみだったからです。

しかもこのクレープアラカルト、この時期しか扱っていないレアなメニューなのです。(マロンシーズンにも、次の12月〜1月までのシーズンにも、ない)

 

その日は梅田のハーブスで食べることにしました。

ちょっと早めのお茶時間に行くつもりが、予定が押してしまって3時ごろになってしまいました。

 

1軒目。売り切れでした。

 

しかし。クレープアラカルトを諦めきれません!

これを逃すと1年後になってしまう。(実は今日、最終日に行ったのです)

 

幸いにして梅田には、ハーブスが3店舗ある。(阪急3番街、大丸梅田店、ティアモール)

 

というわけで、えっこらと足を伸ばして、2軒目。

クレープアラカルト、ありました!! やったー

 

ちなみに、お店を出るころには売り切れていました。セーフです、セーフ。

 

クレープアラカルト

 

シナモンがほのかに香るクレープ生地に4種のクリームを重ねました。

HARBSホームページより)

 

ハーブスお得意のミルクレープです。

基本的には看板メニューのフルーツの入ったミルクレープですが、マロンシーズンにはマロンクレープ、それが終わるとこの時期だけ、クレープアラカルトが登場します。

 

 

 

クレープアラカルトは、シナモン風味のクレープ生地に、4種類のクリームが重ねられています。

トップにチョコレートクリームとチョコレートが載っています。

 

4種のクリーム……チョコクリーム、生クリーム、カスタードクリーム、あともう1種類は多分コーヒークリームではないかと思います。最後の1種類はちょっと自信がないのですが、たぶん。

それぞれが別個のクリームというより、一緒に食べておいしいミルクレープです。

 

ミルクレープって、基本的にはクレープ生地とクリームを重ねたものがベーシック。

なので、王道に乗っ取りつつ、でも複数のクリームを組み合わせて、さらにクレープ生地にもシナモンの風味を効かせて、ベーシックと見せかけつつ応用編なのがハーブスらしいです。

 

でもこれはさもありなん。

たぶん1種類だけのクリームだと、ハーブスサイズのケーキだと途中で飽きる可能性が高いです。

クリームを複数組み合わせているのは、最後までおいしく食べられる工夫なのかもしれません。

 

 

ハーブスの撮影禁止について覚え書き

ちなみに、今回お会計をするときに、「撮影禁止」のマークがあるのに気づきました。

前からあったのか、いつからできたのかわかりませんが、気になってホームページを調べてみました。(いつもケーキを撮るのを楽しみにしているのに、禁止だったらもう撮れない……)

ホームページによると、購入したケーキは撮影OKらしいです。他のお客さんが写り込むのや、購入前の商品はNG。

だからショーケースの写真を撮るのはNGということですね。

 

 

結び

ハーブスのケーキも食べ続けて、えーと、早5年目になりました。

そろそろコンプリートも近くなりました。(店舗限定ケーキは除いて)

 

来年は、間隔を開けようかなあと考え中。

でも、ハーブス並みのご褒美感を探すのはけっこう大変だなあ。

 

関連情報

▽ハーブスのホームページ

▽マロンクレープ

▽定番のミルクレープ

▽夏のミルクレープはメロン入り

 

コメント