HARBSのさくらケーキ〜春を感じる和のケーキ〜

カフェ・レストランスイーツ
スポンサーリンク

ハーブスはストロベリーシーズンの真っ最中ですが、今回はさくらケーキを紹介します。

3月1日から登場するさくらケーキは、ハーブスではめずらしい、和のケーキです。

 

スポンサーリンク

さくらケーキ

 

 

大粒の大納言小豆をサンドしたさくら風味のムースが春の香りをお届けします。

HARBSホームページより)

 

ハーブスはフレッシュなフルーツを使ったケーキが定番のお店。

抹茶系のケーキなど、和のテイストのケーキはとても数が少ないです。

このさくらケーキも、春の季節にしかお目見えしない、レアなケーキです。

 

そういう意味で、ストロベリーシーズンは苺がクローズアップされるのですが、このさくらケーキはひっそりと存在感を放っている気がします。

 

 

さくらの花弁がとても色鮮やか。

さくら風味のムースは、その名の通りほんのりさくら色で、ストロベリーにはない風味があります。

そして、注文して驚いたのが、さくらの葉の塩漬け(桜餅を包むあれです)が敷かれているではありませんか。

この演出には驚きました。

桜餅のように、ほんのりとさくらの葉が風味を増すのです。ちょっと塩味が足されるのも味にバラエティが加えられます。

 

 

 

今回の飲み物はグリーンティーを注文しました。

玄米入りの抹茶の入ったグリーンティーです。つまり、緑茶に抹茶と玄米がブレンドされたような、ハーブスならではのグリーンティーです。

さくらケーキに合います。

 

今月のお茶の「さくらんぼ」というお茶(ダージリンがベースのフレーバーティー)にもさくらが使われているので、こちらもさくらケーキに合うのではと思いました。

まあ、ドリンクはお好みなので。

 

 

 

下はスポンジで、大粒の大納言小豆はムースとスポンジの間にいます。

ケーキを邪魔しない味付けです。

そして、うっすらと見えるでしょうか。ムースは二層になっていて、中間にあるのはクレープ生地です。そう、ハーブスの十八番のあのクレープ生地です。よくこんな絶妙な位置に挟めるなと感動します。

この中間にあるクレープ生地が、ケーキのバランスを引き立てるとともに、食べるときに意外と効きます。あるのとないのでは、あったほうが絶対良いと思った

 

結び

 

さくらケーキは、実はミノリのストロベリーシーズン最後のケーキでした。

(まだブログでは紹介しきれていないのですが、ストロベリーシーズンコンプリートしてしまった…)

 

というのも、わたしはさくら味がそんなに好きではないからです。

さくらといちごがあったら、間違いなくいちご一択です。

桜餅は嫌いではないけれど、ワンシーズン1回食べれば十分。(いちごはオールウェイズウェルカム!)

 

今回さくらケーキを食べてみて、これはもう、ほんとうに1回きりのケーキだと思いました。

おいしくないのではないけれど(単に嗜好の問題)、ハーブスに通い詰めたからこそやっと食べる機会を得た感じです。

で、もう食べないだろうけれど、でも細やかなところに美味しさへの心配りが感じられて、ハーブスらしさを再発見できたこと、それはとても良かったなあと思います。

 

目に見てさくらを楽しめて、春を感じさせる、とても素敵なケーキです。

 

関連情報

▽ハーブスのホームページ

 

コメント