ぶどうのタルトをつくったよ。

手づくりスイーツ
スポンサーリンク

久しぶりに手づくりスイーツのお話です。

いやほんとうに久しぶり。

緊急事態宣言が解除されてから、お菓子もつくらなくなった。

 

▽最後につくったお菓子の記事

その頃に買ったであろう無塩バターがですね、そろそろ賞味期限が迫っていることに気づきまして。

これはいかんと。

というわけで、バター大量消費するべく、久しぶりにタルトをつくることにしました。

 

季節柄よろしく、ぶどうのタルトです。

 

 

スポンサーリンク

ぶどうのタルト

 

(真上から写した写真もあったのですが、ぶどうが気持ち悪く見えたので没。)

ちょうど種無し巨峰がスーパーで特売だったのですが、特売品だからか、粒の大きさが不揃いだった。(おいしければそれで良し)

 

ぶどうのタルトは、タルト生地(パート・シュクレ)にアーモンドクリームを敷き詰めて、そこにぶどうを散らせて焼けば完成です。

タルト生地もアーモンドクリームも、バターたっぷりです。(←カロリー)

なので、焼き立てだとタルト生地がサクサク、日が経てば(2〜3日後)全体の味が馴染んできてそれもまたおいしいです。

この焼きっぱなしタルトは、いちじくや洋梨、リンゴなどにも応用が効きます。いちじくの場合は、焼くときにきび砂糖をまぶすとおいしかったり、りんごのときはシナモンを入れても良いですね。

 

タルト生地とアーモンドクリームをつくる手間は若干あるものの、家でも割と失敗なくつくれるスイーツだと思う。

個人的にロールケーキより全然簡単……(失敗した思い出が)

 

タルトをつくるのもすごく久しぶりで(久しぶりがいっぱいです)、いろいろアクシデントはありつつ、焼きあがったらそれなりになりました。良かった。

 

 

断面はこんな感じ。

ぶどうは皮付きのままで、火を通すと中までぶどう色になります。

ジュワーっと巨峰の旨味がタルトのアーモンドクリームとマッチします。

 

半分は兄家族の家におすそ分けしました。

 

 

そのままだと見た目がちょっと素朴すぎるので、粉砂糖で少しおしゃれに。

 

 

コーヒーとも、紅茶とも合います。この日はコーヒーと一緒に。

 

結び

今思い出しました。

そうだ。6月にはるみチーズケーキも作っていた。

(手づくりスイーツカテゴリではなかったのですっかり忘れていました)

 

以前ほど熱心にお菓子はつくらなくなったんだけど、たまにつくると手づくりには手づくりなりの良さがあります。

わたしにとって手づくりスイーツは、おうちごはんと似た感覚。

お店で食べる味と、家庭で食べる味では、求めるものが違うのです。

そして家庭で食べる味は、ごはんもスイーツも、ホッとできる素朴なやさしさが大事なんだろうなと思います。

気負わずに、たまにつくってみよう。

 

関連情報

▽関連記事

コメント