ドトールのココアとバウムクーヘン

カフェスイーツ
スポンサーリンク

ある日の午後、ちょっとお茶がしたくて、ドトールへ寄りました。

この日は、ココアとバウムクーヘンを選びました。どちらもわたしのドトールお気に入りメニューです。

というわけで、今日はココアとバウムクーヘンのお話です。

 

 

 

スポンサーリンク

ココア

 

ドトールのココアは生クリームのせです。

ちょこっとしたことなんだけど、これが密かに嬉しい。

生クリームを入れると、味がまろやかにコクが増します。

加えて、ココアの甘みも個人的にちょうど良いです。

 

普段はコーヒーか紅茶を飲むことが多いのですが、ココアも好きです。

ココアはこころを温める魔法の飲み物というイメージがあります。

だからカフェでココアを飲むときは、ちょっと癒されたいときかもしれません。

 

バウムクーヘン

 

ドトールの定番商品です。

バウムクーヘンとスイートポテトは、ミルクレープに並ぶ鉄板商品だと思います。

分厚くてぼてっとした、小ぶりなんだけどそこそこに重量感があって、しっとりふんわりとしているバウムクーヘンは、コーヒーにもよく合います。

スカスカじゃないんです。小ぶりだけど食べ応えがあって、満足感がすごくある。

 

お値段は140円。

ケーキを食べるほどではないけれど、でもなにか甘くて満足感のあるものがほしいなあというときに、とっても手頃なスイーツです。

 

結び

というわけで、今日もそこそこに小さな幸せを手に入れてドトールをあとにしました。

あと、こういうとき、本の感想とかしっかりした文章を書くと、家で作業するよりはかどるのです。

このとき書いた文章についてはまた明日。

 

関連情報

▽ドトールのホームページ

 

コメント