Afternoon Tea(アフターヌーンティー)の40周年記念アールグレイのミルクレープ 白桃ジュレ添え

6月に入ってお店が開いたので、久しぶりにちょっと良いスイーツのお話です。

今回は、Afternoon Tea(アフタヌーンティー)です。

 

そういえば、このブログに取り上げるのは初めてです。

ショップはごくたまに利用しますが、ティールームは数えるほどしか行ったことがありません。

 

Afternoon Teaはキラキラしたお洒落なおねえさんが行くイメージがあって、ちょっとお高いし女子率高くて敬遠していました。

いや、まだハーブスのほうが、男性ひとりでも行きやすいですよ!(※個人の私見です)

 

40周年記念メニュー(5/11〜6/23)

 

アールグレイのミルクレープ 白桃ジュレ添え

¥1,474(紅茶付き)/¥1,254(単品)

 

アフターヌーンティーさん、40周年なんですね! おめでとうございます。

確かに、昔からあるお店という印象があります。

高校生の頃にイギリスと紅茶にめちゃはまっていたので、その頃からアフターヌーンティーさんは憧れのお店でした。クリームティー(紅茶とスコーン)は今も昔も定番です。

 

今回はあらかじめ狙いを定めて、アールグレイのミルクレープ一択です。

 

アールグレイのミルクレープ 白桃ジュレ添え

 

やってきましたー! かわいい。かわいすぎるっ!(興奮気味)

紅茶は迷いに迷って、ここはオーソドックスにアフターヌーンティーブレンドにしてみました。

ポットサービスなのも嬉しいですね。

 

 

見ているだけで癒される……(久しぶりのちょっと良いスイーツなので至福感が5割増し)

上から時計回りに、アールグレイのミルクレープ、ミルクジェラート、白桃のジュレです。

 

アールグレイホイップとラズベリーホイップをしっとりとしたクレープで重ねました。果肉がごろっと入った白桃ジュレ、さっぱりとしたミルクジェラートを添えて。

(メニューの紹介文より)

 

アールグレイのミルクレープは、ラズベリーホイップの味もあるので、そこまでアールグレイの風味は強くないです。紅茶味のスイーツが苦手な人でもこれなら食べやすいかも。

逆にアールグレイの味を期待していると、ラズベリーの主張があるので、少し物足りなく感じるかもしれません。

 

そんなに期待していなかった白桃のジュレが、白桃の味が濃くてとってもおいしかった。

ジュレにも白桃の味がしっかりついています。果肉もおいしい。

個人的にはミルクレープよりも白桃のジュレに感動しました。

 

ミルクジェラートは箸休め(箸休め?)にちょうど良いさっぱりとしながらもコクのあるお味です。

もちろん紅茶との相性は抜群ですよ。素敵なティータイムになること請け合いです。

 

この日は美術館(これもずっと休館していてやっと行けた)の帰りに寄ったのですが、久しぶりに外で過ごす気分転換をできました。

そういう時間を過ごせることに感謝です。

美術館のお話は、また後日。

 

 

いまはコロナでわたしは基本ひとり行動ですが、それでも最近は”動くこと”にも制限がかかっている状態で、賛否両論あると思います。

これってコロナじゃなかったらあり得なかったこと。普段だったら当たり前に悩む余地のなかったこと。

最前線で携わっている医療従事者の方々はもちろん、休業協力をしている業種の方々、いろんな立場の人がいるので、そのなかで自分はどういう選択をするのが良いのだろうといつも悩みます。

こういう文章をつけ加えるかどうかも、とても悩みます。(悩んでばっかりですね)

 

 

結び&小話

今回は40周年記念のミルクレープがおいしそうで、ものすんごく久しぶりにAfternoon Teaに行ってみたけど、とても良かったのでまた行ってみたいです。

今回紹介したアールグレイのミルクレープは6月23日までなので、あと1週間ですが気になる方はまだ間に合いますので、ぜひ。

 

ちなみに。

Afternoon Teaには「LOVE&TABLE(ラブアンドテーブル)」というクレープパーラーがあるそうで(2021年6月現在、全国に5店舗)

実はそこの苺のミルクレープを当初は狙っていました。

 

ところが、食べに行く前に緊急事態宣言でお店が閉まってしまって、季節ものなので苺のミルクレープは終わってしまいました。涙。(現在はメロンのミルクレープが登場しています)

また来年狙ってみようかなあと思案中です。

 

関連情報

▽Afternoon Tea(アフターヌーンティー)の公式ホームページ

Afternoon Teaオフィシャルウェブサイト アフタヌーンティー・リビングやティールームの公式サイト…

最新情報をチェックしよう!