鼎泰豊(ディン タイ フォン)のランチ〜えび入りチャーハンと小籠包のセット

今日は、台湾小籠包で有名な鼎泰豊(ディン タイ フォン)へ行ってきたときのお話です。

外でお昼ごはんを食べるので、せっかくだから前から行きたかったので勇気を振り絞りました。

 

 

鼎泰豊(ディン タイ フォン)

 

(写真がピンボケなのは、こっそり撮ろうとしてブレブレだったからです…)

 

鼎泰豊(ディン タイ フォン)は、小籠包が看板メニューの台湾の点心料理店です。

1993年にニューヨークタイムズの「世界の人気レストラン10店」にも選ばれました。

日本にも東京を中心にいくつか店舗があります。

 

6年ほど前に、友人と一度、夜に訪れたことがあります。

いつもよりちょっと贅沢に選んだこのお店は、点心はもちろん、どの料理もとても美味しかった。

普段はこの値段帯のお店は行かないのですが(庶民なので)、ランチなら行けるかなあと思いつつ、ランチのときもいつも行列でしかもひとりで行く勇気も持てず、ずっと「いつか行きたいなあ」と思うお店でした。

そういうわけで今回、ついに行くことができました。念願叶って。6年越し。

 

 

ランチメニュー

 

お昼は看板商品の小籠包とお得なセットがあります。

プラス250円で、セットの小籠包が4個→6個になります。

 

今回は、えび入りチャーハンのセットを頼みました。

 

 

小籠包

 

注文してまもなく、小籠包が先にやってきます。

刻み生姜と一緒に、タレをつけていただきます。

 

小籠包は滅多に食べないのですが……皮がモチっとしていておいしかったです。

なんて平凡なコメントだろう。オムライスならもう少し色々語れるのに。(ここでオムライスの話はしなくていいです)

小籠包が看板メニューなだけあって、やっぱりとてもおいしいです。

 

 

ちなみに小籠包に慣れない人にも、テーブルには親切に「小籠包の食べ方」を記したものが置いてあります。

これで挙動不審なわたしも(はじめてひとりで行くし小籠包は慣れないしで緊張していた)、落ち着いて食べることができました。

 

 

えび入りチャーハン

 

小籠包を食べていると、チャーハンがやってきました。

たまごスープと小皿もついています。

ランチの時間帯は提供スピードも速いです。

 

 

チャーハンって外では王将のチャーハンくらいしか食べないんですが(庶民なのです)チャーハンの概念が覆った。

チャーハンってもっとパラパラっとしているもんだと思っていた。

 

具はシンプルなんだけど、ふわっとしていて味もしょっぱすぎない。でも奥深い。

えー、チャーハンってこんな食べものだったっけ? と思いました。

えびもプリップリでゴロゴロと入っていて、正直えび入りチャーハンにそこまで期待していなかったのですが、いやあ、めちゃくちゃおいしかったです。

 

確かに以前来たときも、どの料理もとてもおいしかったんだ。

ランチもちょっとお高めだけど、納得のおいしさです。

 

 

結び

店内はおひとりのお客さんも多くて、ランチの時間帯ならひとりで行っても気兼ねなく過ごせます。

むしろ今はおひとりさま推奨だよね。

 

でも、またいつか親しい人とも一緒に行けるといいなあ、そんな日が早く来るといいなあと思いました。

おいしいものは、親しい人と分かち合うとおいしさが二倍三倍になります。

 

もちろんひとりでも。ちょっと良い日の贅沢にまた行きたいと思います。

 

関連情報

▽鼎泰豊(ディン タイ フォン)の公式ホームページ

「世界の10大レストラン」に選ばれた小籠包(ショウロンポウ)・点心を始めとした台湾料理・台北料理のディンタイフォン(鼎泰…

▽今回は、阪急うめだ本店のお店に行きました。

阪急うめだ本店|阪急百貨店

大阪・梅田の阪急百貨店の営業時間など店舗情報、催し・イベントや各階売場の最新情報をお届けします。…

関西だと、他にはなんばと京都高島屋に店舗があります。

最新情報をチェックしよう!