北極星のオムライス –心斎橋本店、堀江店、祇園店

包む派オムライス
スポンサーリンク

オムライスネタが続きます。

 

エキスポシティの北極星オムライスはネタにしたのに、直営店のほうをまだ扱っていなかった。

というわけで、今回はオムライスの老舗北極星の直営店の紹介をします。

 

スポンサーリンク

北極星とは?

オムライス発祥のお店と一説に謳われるお店です。

現「北極星」の先代、北橋茂男が洋食屋
「パンヤの食堂」を始めたのは大阪の汐見橋
(現大阪市浪速区)で、1922(大正11)年のことでした。
日本の代表的な洋食でおなじみの
❝オムライス❞が生まれたのはこの
「パンヤの食堂」でした。
北極星ホームページより引用)

 

現在は心斎橋にある本店、大阪市西区にある堀江店、京都の祇園にある祇園店をメインに

百貨店や各商業施設にも展開されています。

大阪が起点のお店なので、大阪の店舗数がやはり多めです。京都、神戸も少しずつ。

 

ちなみにわたしが初めて食べたのは、新大阪のエキマルシェでした。

駅構内にあるので、待ち時間にも食べられます。

エキマルシェはテイクアウトもできるので、旅のお供にもできますよ。

 

心斎橋 本店

 

心斎橋本店は、心斎橋の街中にあります。

昭和25年に建てられた純和風のお店で、一見するとオムライス屋さんに見えないレトロ感。

店内も畳に座敷です。

 

この心斎橋本店はとても有名なので、観光客もたくさん来ます。外国人のお客さんも多い。

休日でしたが、わたしも並びました。(名前を書く方式です)

人が多すぎて、写真は撮れませんでした。

そもそも昔すぎて、写真はこれ一枚しか残ってない!

 

オーソドックスな、チキンオムライスです。

エビフライはオプションでつけられます。

北極星のオムライスは、生姜がついてきます。

オムライスに生姜? と首を傾げそうですが、ノンノン、これが意外に合うのです。

ついでに心斎橋本店はお味噌汁もついてきます。

オムライスって洋食だけれど日本発祥、つまりある意味ジャパニーズフード、和食ですよね。

お味噌汁が、ほっこりとこれまた合うのです。

 

写真にはお箸が写っていますが、ちゃんとスプーンもあるので大丈夫ですよ。

 

 

堀江店

 

今回紹介するなかでは堀江店がいちばん最近に行ったお店です。(それでも去年の夏)

というわけで、割と熱心に写真を残していました。

アイキャッチの画像も堀江店のものです。

 

こちらは平日に行ったのもあるのですが、そんなに人通りの多くない場所にあります。

大阪市でも大きな駅の近くではないので、地元の人とか用事のある人でないとなかなか行かない場所だと思います。

お店は、結構お昼遅めに行ったにも関わらず、繁盛していました。

地域に愛される昔ながらの喫茶店の風情があるお店です。個人的に、穴場だと思う。

 

 

 

こちらではホワイトソースオムライスを注文しました。

やっぱり紅生姜は健在。

ホワイトソースの具は、ベーコン、海老、ほうれん草と具たくさんです。

ホワイトソースというだけあって、クリームソースではなくグラタンのホワイトソースの味。

ボリュームはあるのですが、美味しくいただけました。

 

 

 

わたしの好きな包む派オムライス。

北極星のオムライスは、薄焼きの卵で焦げ付かないのに綺麗に中身は半熟で、わたしのオムライス欲求を完璧に満たしてくれます。

ケチャップライスも薄くはないんだけれど、主張しすぎない味付け。関西風味なのだろうか。

トータル的にバランスがとても良いのです。

 

祇園店

 

祇園店は河原町からとことこと歩いていける距離にあります。

八坂神社のすぐ目の前にあります。

北極星のレストランのなかでは、いちばん新しい店舗。

店内は、古き良き洋食屋さんの佇まいです。

こちらの祇園店は外を眺めながらのカウンター席もあるので、おひとり様も利用しやすいですよ。

 

祇園店では、店舗限定のセットメニューを注文しました。

少し小ぶりのミニオムライスに、唐揚げ、クリームコロッケ、サラダ、コンソメスープがついています。

ミニサイズでも、北極星らしいオムライスの美味しさはしっかり健在です。

こちらも2年くらい前に行ったので、また行ってみたいな。

 

 

結び

商業施設内にある北極星も、直営店のお店と同様に北極星らしいオムライスが楽しめます。

でも基本的に商業施設内のお店なので、狭かったりざわざわしていることが多いです。

雰囲気も一緒に味わえるのが直営のレストランの醍醐味と思います。

 

関連情報

北極星のホームページ

 

▽エキスポシティの北極星オムライス

コメント