男子ごはんの本 オムハヤシライス/鶏肉と根菜の豆乳カレー

雑記
スポンサーリンク

3月の終わり頃だったか、4月のはじめだったか、日曜の昼間にテレビをつけたら「男子ごはん」がやっていました。

番組の終わりに、「男子ごはんの本最新刊が出たよー」と告知がされていました。

 

そうだ、せっかくだからこれまでの男子ごはんの本を振り返ってみてはどうかと思い立ちました。

というわけで、「とりねこブログ 男子ごはんプロジェクト」の始動です。(また変な企画を……)

 

スポンサーリンク

男子ごはんプロジェクト

簡単にいうと、

  • これまで出版された「男子ごはんの本」から3品ずつチョイス
  • 1冊目から順番につくっていく

以上。

 

とはいっても現在(2020年5月現在)出版されている「男子ごはんの本」は、全部で12冊。

途中で飽きないか、投げ出さないか

 

いや、コメダ珈琲の季節のシロノワールを1年食べ続けたんだからきっと大丈夫!(根拠のない自信!)

▽2019年にしたシロノワール企画

 

今回は別に2020年限定ではないです。終わるまで。

 

あと予算と家の狭いスペースの関係上、図書館を利用しています。(コロナで1巻を借りたあと早速休館したけどね……)

 

太一×ケンタロウ 男子ごはんの本

 

というわけで、記念すべき1冊目です。

ケンタロウさん、料理家さんのなかではもしかしたら1、2位を争うほどファンでした。

すごく料理の敷居を低くしてくれて、でもおいしいレシピばかりで、不器用で基本料理下手なわたしにはありがたかった。

家にも男子ごはんではないんだけれど、ケンタロウさんのレシピ本があります。

今でも大好きです。

 

独断と偏見(というか自分の食べたいもの)でチョイス。

今回はこちらの3品です。

  • オムハヤシライス
  • 鶏肉と根菜の豆乳カレー
  • エビマヨ(※写真を撮り忘れたので、いずれまた作り直します)

 

なんか、自分の好みがすごく表れている……

 

 

オムハヤシライスと蒸し野菜(みそマヨソース)

 

オムハヤシです。牛肉がたんといっぱい入っています!

 

これはとりねこブログ基準でいうところの、オムライスではなくオムライスの親戚(オムライスをメインにしていないハヤシライスにオムレツがついているもの)。

オムハヤシには、オムライスメインのオムハヤシと、ハヤシライスメインのオムハヤシの2種類があるのです。今回は後者。

 

▽前田珈琲という京都の老舗喫茶店で、オムハヤシについて考察した記事。

 

玉ねぎをじっくりときつね色になるまで炒めたので、おいしいです。

オムレツが不恰好なのは、お愛嬌で。でも卵が加わるとどうしてこんなにごちそう感が高まるのでしょう。

 

蒸し野菜は、おうちにある野菜を適当にチョイスしました。

みそマヨソースはレシピに載っていたものです。野菜とよく合います。

 

鶏肉と根菜の豆乳カレー

 

こちらも鶏肉がたんといっぱい、ゴロゴロと入っております。

ケンタロウさんのレシピだからか、男子ごはんだからか、肉がどーん! と入っているメニューで、食べ応えがあります。

我が家はわたしと母の2人なので、4人分でつくって、その日の晩ごはんと次の日の朝ごはん(我が家は朝からカレーが食べられる家庭です。胸焼けするとか朝から重いとかワケワカンナイ)に食べてもまだ余って、ハヤシライスもこのカレーも残りは冷凍しました。

 

このカレーは、メインの具材は鶏肉で、玉ねぎやジャガイモなどのカレーの定番具材のほかに、ごぼうやしめじ、青ネギが入った和風のカレーです。

最後に豆乳を入れるので、色がちょっとマイルドになります。

うちはカレーは甘口なので(もうずっとバーモントカレー一択)、辛口とか中辛でつくると見た目の色がまたちょっと違うかもしれません。

 

カレーにごぼうって初めてだったのですが、これが意外に合っていました。

ちょっといつもと違うカレーで、しかもそんなにむずかしくなく作れて(ここ大事)、おいしい。

たまには定番以外のカレーも良いですね。

 

エビマヨ

(写真を撮るのを失念していたので、写真がありません……またそのうち差し替えます)

 

わたしは辛いものが苦手なのでエビチリは食べないのですが、マヨラーなのでエビマヨは大好きです。

温めるだけでOKのエビマヨは、リクエストしてよく食卓に上がります。

 

でもエビマヨって高いし家で手軽にエビマヨがつくれたら最高だよね、というわけで挑戦して見ました。

料理は苦手なので、実は海老を扱うのは初めてでした。

このレシピは、海老を背中から開いてつくるので、背わたも取りやすくて作りやすかったです。

 

でも海老ってけっこう高いんですねー

海老料理は庶民の感覚でいうと高級なんだと、いまさらながらに知りました。世間知らずですみません……

 

男子ごはんのエビマヨは、マヨベースに粒マスタードと白ネギを加えるものでした。

エビマヨにはケチャップを混ぜるバージョンもありますが、粒マスタードもなかなかおいしいですね。

 

結び

男子ごはんプロジェクト、滑り出しは好調です。

ただそんなにしょっちゅう料理をしないので(我が家の料理担当は母)、1〜2ヶ月に1回くらいのスパンでのんびりやって行きます。

 

 

関連情報

▽「男子ごはん」公式ホームページ

▽関連記事

 

コメント