【HSP的休み方を考える】4:休日に人と会うことを考える

休み方
スポンサーリンク

これは休み方が下手なのに疲れやすいHSPが真に快い休み方を獲得するまでの記録です(たぶん)

記録をつけるといいながら、気がつくと「あれー、休み方とか考えていたっけ?(忘れている)」とすぐになります。

 

※HSPといっても個人差があります。あくまで一個人の体験談としてお読みください。

 

スポンサーリンク

先週の3連休の話

今週はまだ調子が戻ってきましたが、先週の3連休はひどかったです。

金・土と2日連続で、友人と夜食事に行く約束がありました。

お酒飲んでないんですよ。仲の良い友人なんですよ。家に帰ったのも11時くらいなんですよ。

眠れたのが、2〜3時ごろ。そして次の日は、疲労を1日引きずる。(機能不全に陥る)

 

あ、あああああ。なんだこれええええ(泣)

 

せっかくの週末が。3連休が。友人と会った数時間が、なんかものすごく響いている。

しかも、すごーく感情を揺さぶられるしんどい出来事があったわけではないのに。

ふつうに友だちとごはんを食べに行っただけなのに。

 

ああ、もうやだなあ。

 

……と、久しぶりに自分のHSP的な気質が裏目に出て、なんかいろいろ相乗効果もあってネガティヴループに突入していまいました。

せっかくなので、検証して次に繋げたいと思います。転んでもタダでは起きん!

 

検証

気の置けない友人であっても、人と会うのはエネルギーを使う

そもそも、2日連続で予定を入れたのが失敗でした。

気の置けない友人であっても、ちょっとパブリックな飲み会であろうと、とにかく人と会うのはエネルギーを使うのです。一日いろんなことに神経を使いまくっているHSPならなおさら。

 

そもそも、わたしはいまでも1日仕事が終わると、そんなに忙しくなくてもヘトヘトなのです。気持ちが昂ぶっていて、身体も緊張状態になっていて、落ち着いて眠るところまで持っていくのに、実はいまでも苦労しています。忙しいともっと神経が落ち着くのに時間がかかります。

そりゃあ、仕事終わりに会ったら、ヘトヘトなところからさらにエネルギー使うから、疲労の蓄積は半端ないよね。

 

さらに、この2日連続は、もともとは考えていなかったのです。

2日目のほうは、次の日に午前から仕事の研修があったので、本来は入れるつもりはありませんでした。後から「どうしてもこの日の夜しか無理」と言われて、結構無理して入れました。

 

ちなみに、前の週も、夜から別の用事があって、その前の午後の時間帯に、別の友人とお茶をする予定を入れました。

それも次の日に、疲労が倍増してしまいました。

 

人と会うのは、とってもエネルギーを使うのです。

見積もりが甘かった……

 

2年前にも、同じようなミスをしていたのに、いまだにこんなことが起こります。

 

そもそもルーティンが変わる

飲み会に行く時と同じ現象が起こるのですが、普段10時過ぎに寝ている人が、夜に予定を入れると、ルーティンがそもそも変わります。

つまり、飲み会じゃなくて1対1の食事会なんだけど、飲み会と似たような現象が起きる。

 

またね、週末の夜のお店ってめちゃくちゃうるさいんですよ。

それも、結構疲労感倍増に繋がった。

ひとりでごはんやお茶をするお店は、自分なりに定番のお店って決まっているんだけど、友人と食事になるとそうもいかず。開拓ができていないなあと思います。

個人的には、うるさくない落ち着いた雰囲気で、お話と食事を楽しめるお店がいいんだけど。

フレンチとかは高すぎてお財布事情で無理だしなあ。

 

単純に、調子の下がる時期だった

これはもうよくわからないんだけど、全体的に先週は不調でした。

調子ってやっぱり多少なりとも波があると思います。

波が下がる時期に、予定が重なって悪循環を招いてしまった気はします。

 

個人的に、今年は梅雨入りが遅かったので、6月のジンクスが遅れてやってきたのかなと思いました。

 

証拠というか、なんというか、6月は結構続いていた読書習慣やブログを書く習慣が、先週ガタッと落ちました。日々のルーティンがこなせなくなった。

 

アクティヴな休みの日の過ごし方も、考える必要がある。

今回のことでつくづく痛感したこと

  • 人と会う約束は、なるべく2日連続入れない。
  • 金曜の夜を含めて、週末の予定は調整したほうが良い。
  • 特に夜の予定は、気をつけたほうがいい。次の日に響く。

 

なるべく家でゆっくり過ごせる時間を取ることを心がけるようになったのですが、基本的に断るのが苦手というか、相手の意を優先させる傾向がまだあって、結果的に自分が崩れてしまうパターンになります。

 

例えば村上春樹さんは、朝型の生活にするにあたって、夜の付き合いは断るようになったそうです。

 

 

自分のなかでなにを優先させるか、どれくらいなら大丈夫か、どれくらいが適量なのか。

 

わかっているようで、まだよくわかっていない。

自分を知るって大事なことなんだけど、実にむずかしいなあと思います。

 

結び

というわけで、つらつらと書き綴ってみたのは、書くことで再確認する意味合いがあるからです。

トライエラーを何度も繰り返しながら「自分にとってちょうど良い」を探す。

 

この体験はわたしにとってなので、他のHSPさんではまた異なると思います。

 

人と会うことで疲れやすいこととか、環境面で敏感に拾っちゃうこととか、疲労が蓄積されやすいとか。

HSP(Highly Sensitive)だからなんだなあと知ると、「なるほど」と思いますが、それは入り口です。

そこからどうしていくと、もっと生きやすくなるかは人それぞれ。

 

まだまだ「休み方を考える」は続きそうです。

 

関連情報

 

休み方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ミノリをフォローする
スポンサーリンク
HSP とりねこブログ 

コメント