京都 山一パン総本店のシナモンロール

シナモンロール

今日はスーパーで見つけたシナモンロールです。

買い物に行ったついでに、用事もないのにふらふらとパンコーナーへ行ったらまさかまさかのシナモンロールを見つけちゃいました。

 

山一パン総本店

 

京都市に本社・工場のある昭和22年創業のパンを中心としたメーカーです。

スーパーへの卸パンのほか、給食パンも手がけています。直営のベーカリーも何店舗かあります。

京都を中心として関西のスーパーで見かけることができます。

 

地元のスーパーでもどこでも売っているわけではなくて、今回はたまたま扱っているお店で見つけました。

近所のスーパーには、山一パンコーナーがあって、常時何種類かあります。

いつもはそんなに熱心に見ないので、シナモンロールを見つけたのはラッキーでした。

シナモンロールの神様に呼ばれたのかもしれない。

 

はじめて見たのは、京都のイオンでした。

もう10年以上前になるのですが、当時はメロンパンにハマっていて、いろんなメロンパンを食べていました。(こだわると追求するのは昔から……)

ここのパンの売りは、なんていったって「京風メロン」です。

京都伏見の酒酵母の酒種を使っているメロンパンには、なんとなかに白餡が詰まっているのです。

ちなみに「京風メロン」は商標登録されているそうですよ。

 

山一パン総本店のシナモンロール

 

わたしが見つけたスーパーでは、140円(税込151円)で売っていました。

スーパーだと100円前後で買えるパンが多いのですが、山一パン総本店のパンはちょっとお高め。

でも、おいしそうなパンがいつもいろいろ並んでいます。

 

 

グレースがどっさりとかかっています。

そして、全体的に大きめ。かさが高いので、どっしりとした存在感があります。

このふわっと大きなフォルムのシナモンロールが潰れないように、袋はエアがたっぷり入っていました。だから、表面のグレースもこんなに美しいのです。

 

容器から出して、切ってみました。

 

 

外側からもわかるのですが、渦巻きがしっかりあるので、断面の渦巻きも細やかです。

シナモンペースト部分は薄めの層。

巻きをしっかりして、食べたときの味がまんべんなく行き渡るような感じです。

 

生地はふわふわ系で大きさの割に食べやすいです。

シナモンの味自体はそんなに濃くないんだけど、思ったよりもグレースも邪魔していないし巻きもしっかりあるので、バランスよく食べやすいシナモンロールです。

見た目のどーん! とした存在感に反して(?)、上品な感じのシナモンロールですね。

 

いうまでもなく、スーパーで買えるシナモンロールのクオリティではなかなかのものです。

袋から出してお皿に盛れば、ベーカリーで買ってきたと言ってもわからないかもなレベル。

 

結び

シナモンロールを通して、いろんなパンメーカーやベーカリーと出会うというのは、なかなか面白い発見があります。

これは、当初予想もしていなかった副次的効果です。

今回も山一パン総本店のパンに出会って、いつもこのコーナーは素通りしていたのだけれど(お財布的に)、ほかのパンも試してみようかなと思いました。

 

シナモンロールめぐりの旅は、もうちょっと続けてみるつもりです。

 

関連情報

▽山一パン総本店の公式ホームページ

ちなみにこちらのメロンパンは、楕円形です。

コメント