PAUL BOCUSE(ポール・ボキューズ)のシナモンロール

シナモンロール
スポンサーリンク

今月2回目のシナモンロールです。

今回は、大丸梅田店のもう一軒のベーカリーPAUL BOCUSE(ポール・ボキューズ)さんにあったシナモンロールです。

ちなみに大丸の地下2階には、全部で3軒のベーカリーがあります。

 

▽以前紹介した大丸梅田のシナモンロール

スポンサーリンク

PAUL BOCUSE(ポール・ボキューズ)

毎回シナモンロールの記事を買うときにそのベーカリーを調べるのですが、このPAUL BOCUSEさんはなんとパスコ(敷島製パン)の系列の株式会社レアールパスコ ベーカリーズのお店なのだそうです。

パスコ系列なんだ! わたしもパスコのパン好きです(聞いてない)

 

敷島製パンから、本格的な手づくりパンをつくることをコンセプトとして、1981年にベーカリー事業会社として設立されたそうです。

おお、来年で40周年なんですね!

 

いつも紹介するベーカリーは地元密着型のお店が多いのですが、こちらは全国にお店があります。

 

いやー全然知らんかった。

シナモンロールを通して、また新たな出会いと発見をしました。

 

シナモンロール

 

PAUL BOCUSEさんのシナモンロールは、237円(税込)。

百貨店に出店されていることも多いとあって、ちょっとお高めなパンが多いです。

 

 

高さは控えめ。横に広いシナモンロールです。

表面にはアイシングがたっぷり。アイシングもうずまき状です。

 

 

断面。アイシングがこってり載っているのが断面からもわかります。

うずまきは、かなりしっかりめにつくられています。

そして、断面の写真からでもわかるほど、シナモンバターがたっぷり。

 

生地はデニッシュっぽい食感です。

甘みは抑えめ。アイシングが甘いから、バランスが取れている。

そして、食べてみるとシナモンバターはほんとうにたっぷり。

 

久しぶりにシナモン感の強いシナモンロールを食べたなあ。

 

結び

最近パスコの商品をよく買っていたので、パスコ系列のお店と知って親近感が湧きました。

 

シナモンロール巡りも、そろそろ終わりが見えてきました。

でも、まだ気になるお店が何軒かあるので、9月も続けます。

 

関連情報

▽株式会社レアールパスコ ベーカリーズの公式ホームページ

▽大丸梅田同じフロアにある別のシナモンロールの記事

 

▽始まりの記事

 

コメント