パトリエフクモリのシナモンロール

シナモンロール

天満橋に用事があったときに、ふらっと京阪シティモールの地下食品フロアに立ち寄りました。

そこでベーカリーを発見。

ベーカリーを見つけると、シナモンロールがないか、つい覗いてしまいます。

 

パトリエフクモリ

フランスの国立製パン学校のレイモンド・カルベル氏に師事し、海外で修行経験のある福森幸一氏が2013年にオープンしたお店です。

現在は大阪の天満橋にある京阪シティモール地下2階と、桃山台(豊中市)に2店舗あります。

 

パン一筋にいろんなところで活躍されてきたオーナーが手がけるパンは、素材や製法にこだわったおいしそうな品々ばかりです。

雑誌やテレビでも紹介されています。

 

シナモンロール

シナモンロール 248円

 

パンがプリントされた袋のデザインがかわいいです。

 

 

写真からもわかるように、けっこうボリュームがあります。

持ったときもそれなりに重量感のある感じです。

ぼてっと大きいけど、どこかかわいい感じのシナモンロール。

 

 

断面。巻きはそんなに多くはないです。

生地はぎゅっと詰まった食べ応えのあるパン生地です。

下のほうにはシナモンバターは詰まっていなくて、全体的にシナモン感は弱め。

 

シナモン濃いめのシナモンロールを期待すると、ちょっと残念な気持ちになります。

でもここのベーカリーが好きな人には、たまにはこういうのも良いよねと思うかもしれません。

ふつうにパンとしておいしい。

 

1個でお腹いっぱいになるボリュームなので、朝ごはんなら1個で十分腹持ちしそう。

軽食やおやつによりは、お食事として食べたいシナモンロールです。

これにサラダとスープとか組み合わせると、ちょっとしたごちそうになりそうですね。

 

結び

パンを求めてというよりは、現在はシナモンロールに特化していろんなベーカリーのシナモンロールを求めているのですが

シナモンロールを通していろんなベーカリーに会う→今度は別のパンが食べたいなあと思う

の流れが多いです。

 

今回紹介したパトリエフクモリさんも、次に天満橋に立ち寄る際は、違うパンを買ってみたいなあと思いました。

なぜかコロナ禍ではじまったシナモンロールをめぐる旅、とりあえず飽きるまでしばらく続きそうです。

 

関連情報

▽パトリエフクモリの公式ホームページ

ちなみに人気No.1はクリームパンだそうです。

国産小麦の食パンや、天然酵母を使ったオリーブ入りのバゲットもおいしそうですよ。

コメント