阪急ベーカリーのシナモンロール

シナモンロール
スポンサーリンク

以前阪急百貨店にあるブーランジュリーアンさんのシナモンロールを紹介しました。

 

▽そのときの記事

 

ブーランジュリーアンは阪急ベーカリー系列のベーカリー。

阪急ベーカリー系列には、他にそのまま同じ名前の阪急ベーカリーというリーズナブルなパン屋さんがあります。

1個100円(税抜)という超リーズナブルなベーカリーです。

 

例えば阪急うめだ本店には、ブーランジュリーアン阪急ベーカリーの両方のお店が入っています。

ハイソな人やちょっと贅沢したいときや百貨店の高級なパンが食べたい人はブーランジュリーアンへ、庶民や日常使いには阪急ベーカリーへと使い分けることができます。

 

たまたま阪急ベーカリーの前を通りかかったので「シナモンロールはあるかしら」と覗いてみたら(最近パン屋さんを通りかかるとシナモンロールを探すのが癖になっている)、ありました!

もちろん100円(税抜)です!

 

というわけで今日は阪急ベーカリーのシナモンロールです。

 

 

スポンサーリンク

阪急ベーカリーのシナモンロール

 

こちらが阪急ベーカリーのシナモンロールです。

袋は阪急百貨店のレジ袋です。

いやー、百貨店で1個100円のパンが買えるって感激です。

実は利用するのははじめてだったのですが、種類も豊富なのでまた別のパンも試してみたいです。

 

 

表面にアイシングがどっさりとかかっています。

ちなみに表面の模様はもともとそういう仕様ではなくて、コロナで予め袋詰めされるようになったから、袋でできた模様です。

あ、ちなみにブーランジュリーアンさんは、バタークリームのトッピングもあるのでプラスチックのパックに入って売っていました。

 

大きさはブーランジュリーさんに比べると小ぶりかな。

標準的な日本のベーカリーサイズといえます。

 

 

断面。シナモンの渦巻き具合はそこまで強くないです。

標準的なパン生地。お惣菜パンとかで使われているような、あんな生地です。

 

シナモン感はそこまで強くなく、中よりは表面のアイシング部分にシナモンの味が集中しています。

 

割と食べやすく、日常使いのパンだなあという印象です。

特別感はないけれど、ふつうに朝やお昼におうちで食べるのにちょうど良いです。

 

逆にブーランジュリーアンさんのシナモンロールはシナモンが強くておいしいけど、そんなにしょっちゅう食べたいとは思わない。特別な時に食べたいシナモンロール。

阪急ベーカリーのシナモンロールは、普段の日常で食べたいシナモンロール。

ちゃんと住み分けがされている。ように思える。

 

結び

コロナ禍で突如はじまったシナモンロールめぐり。

個人的に、シナモンロールをきっかけにこれまで行ったことのなかったパン屋さんをめぐることになって、新たな出会いがたくさんあって楽しいです。

シナモンロールを探す旅は、まだまだ続きます。

 

関連情報

▽阪急ベーカリーのホームページ

▽ブーランジュリーアンのシナモンロール

▽シナモンロール探求 始まりの記事

コメント