小説

小説

我らの時代のフォークロア「TVピープル」村上春樹

TVピープル 村上春樹 (文春文庫) きっかけは「白い道と赤いワイン」 前に読んだ村上春樹さんの「ラオスにいったい何があるというんですか」という紀行文集で、イタリアについて書かれた「白い道と赤いワイン」に イタリア...
小説

充たされない人たち 「充たされざる者」カズオ・イシグロ

充たされざる者 カズオ イシグロ著 古賀林 幸訳 ハヤカワepi文庫 (図書館で借りてきた本なので、アイキャッチの画像はハードカバーです) カズオ・イシグロ4冊目です。 この前に読んだ「わたしたちが孤児だったころ」で“信頼...
小説

カズオ・イシグロ特集その3 「わたしたちが孤児だったころ」

※以前のブログの記事を手直ししたものになります。 わたしたちが孤児だったころ  カズオ・イシグロ著  入江真佐子訳 イシグロ作品3作目です。 この作品について、作品そのものを読み終わった直後よりも、訳者のあとがきを読ん...
小説

カズオ・イシグロ特集その2 「わたしを離さないで」

※以前のブログに書いた記事を手直ししたものになります。 わたしを離さないで カズオ イシグロ著 土屋政雄訳 ハヤカワepi文庫 カズオ・イシグロ2冊目は、「わたしを離さないで」です。 あとがきに、この物語の...
小説

カズオ・イシグロ特集その1「日の名残り」

カズオ・イシグロ特集の導入 カズオ・イシグロの「充たされざる者」を読んでいます。 「2017年はカズオ・イシグロを読もう」と思って3冊くらい読んだところで止まって、忙しい日々にかまけていたらノーベル賞をとってしまったので(「今年はカ...
小説

どこにでもある不安を描く –国境の南、太陽の西

「国境の南、太陽の西」 村上春樹 講談社文庫(Amazonのページへ) 久しぶりに「小説が読みたい!」と無性に思って本棚を探したら目にとまったのが村上春樹さんの「国境の南、太陽の西」でした。 「国境の南、太陽の西」は1回しか読ん...
スポンサーリンク