小説

小説

「高い窓」レイモンド・チャンドラー 村上春樹訳

村上春樹さん翻訳の、チャンドラーの私立探偵フィリップ・マーロウシリーズ3作目になります。 チャンドラーのフィリップ・マーロウシリーズは、読むのも3作目。 フィリップ・マーロウシリーズは、「ロング・グッドバイ」と「...
小説

日常の力「アムリタ 下」吉本ばなな

下巻になりました。とても不思議な気持ちになる小説です。 いや、小説のなかにも、不思議なことがいっぱい起こっています。 ▽上巻までの感想はこちら アムリタ 「どんな意味? アムリタって。」 ...
小説

”私”ってなんだろう「アムリタ 上」吉本ばなな

吉本ばななさんの小説は、一時期よく読んでいたのだけれど、最近は全然読んでいなくて、「違うことをしないこと」(エッセイ&対談)を読んだくらい。久しぶりです。 ▽「違うことをしないこと」の感想記事 「アムリタ...
スポンサーリンク
小説

優しさに包まれる「私小説」市川拓司

このブログになってから取り上げるのは初めてですが、市川拓司さんの小説は好きで以前はよく読んでいました。 で、今回たまたま読んだのが本書です。 最近殺伐としたノンフィクションものばかりを読んでいたので(マキャヴェッリと...
小説

受験勉強と子どものこころ「車輪の下」ヘルマン・ヘッセ

車輪の下  ヘルマン・ヘッセ 高橋健二訳 新潮文庫 ヘルマン・ヘッセの「車輪の下」といえば、学校の国語の時間に覚える常連さんです。 まあ、実際に国語の時間に覚えた有名な作家さんの作品を読むかといえば、読まないことも多...
小説

薄明「遠い山なみの光」カズオ・イシグロ

遠い山なみの光 (ハヤカワepi文庫) 久しぶりにカズオ・イシグロ作品です。 これまで「日の名残り」、「わたしを離さないで」、「わたしたちが孤児だったころ」、「浮世の画家」、「充たされざる者」と読んできました。(リン...
小説

「常設展示室 Permanent Collection」原田マハ

大原美術館や足立美術館に行った時に、「私設美術館って面白いな」と思いました。 もちろん海外の有名な美術館やテーマを持って開催される美術展もその時だけしか観られないという稀有さはあるのですが、私設美術館は何度も通いたくな...
小説

一人称だから見えてくること「キャッチャー・イン・ザ・ライ」サリンジャー 村上春樹訳

キャッチャー・イン・ザ・ライ J.D.サリンジャー 村上春樹訳 サリンジャーの有名な著作。 「ライ麦畑でつかまえて」というタイトルで目にした方も多いのではないでしょうか。 ライ麦畑でつかまえて 野...
小説

読書のはじまりは「赤毛のアン」だった。

今日は読書のはじまりのお話。 わたしは今でこそ「趣味は読書です」と言うようになりましたが 実は小さい頃は本の虫ではなかったのです。 というか、本はほとんど読まない子どもだった。漫画のほうが好きな子どもでした。 ...
小説

逃げることの効用「青空と逃げる」辻村深月

青空と逃げる (単行本) 今回は辻村深月さんの「青空と逃げる」です。 この本はタイトルの通り、”逃げる”ことがひとつの大きなテーマになっています。 本を読んだ感触をもとに、ほかの作品(辻村本以外)も引用しながら、"逃げ...
スポンサーリンク