京都の前田珈琲のスパゲッティはボリューム満点です。

カフェ・レストラン
スポンサーリンク

京都の老舗カフェ、前田珈琲のオムハヤシを取り上げました。

今回はパスタメニューについて取り上げます。

スポンサーリンク

前田珈琲とは

京都市烏丸に本店のある、1971年創業の老舗の喫茶店です。

コーヒーはこだわりの自家焙煎、フード類やお菓子もすべて手作り。

現在室町本店のほかにも全部で7つ店舗があります。

わたしは本店しかまだ行ったことがないので、そのうちまたレポしてみたいと思います!

前田珈琲のフードメニュー

オムハヤシの記事でも書きましたが、前田珈琲はフードメニューも種類豊富です。

店舗によっても扱うメニューは若干異なるようです。

でも、サンドイッチとスパゲッティは主力フードメニューです。

今回は、そのなかからスパゲッティを2種類ご紹介します。

前田珈琲のスパゲッティの特徴

前田珈琲は老舗の喫茶店だからか、パスタではなくメニューにもスパゲッティと書かれています。

なんだかパスタと言われると、小洒落たいま風な感じがありますが、スパゲッティと言うと懐かしい感じがします。

飲食店では気軽に出せるメニューでありますが、美味しさもまた千差万別。

前田珈琲は、昭和の香り漂うどこかノスタルジックなスパゲッティです。

 

特徴として、麺はしっかり火が通っています(茹ですぎではないけれど、アルデンテのように芯は残らない感じ)。

ふつうサイズでも量は通常の一人分より少し多めです。

ちなみに大盛は100円増し小盛は50円引きです。

わたしはごはんの時はいつも減らしてもらう(オムライスは例外)のですが、スパゲッティは多少多くても平気なのでそのままいただきます。

粉チーズはセルフではなく、事前に厨房でかけて運ばれてきます。たっぷりの粉チーズも魅力のひとつ。

注文するときに店員さんに頼めば、粉チーズなしにすることもできます。

 

スパゲッティ2種類を紹介

今回は、わたしがこれまでに食べた2種類のスパゲッティを紹介します。

 

ナポリタン

出ました。喫茶店の定番、ナポリタン!

実はワタクシ、スパゲッティではナポリタンは結構好きなほうなのです。

オムライスも好きなので要はケチャップが好きということなのか!?(つまり味覚がお子様?)

でも、おいしいナポリタンに出会うのは、おいしいオムライスに出会うより実はむずかしいのです。

前田珈琲のナポリタンは、そういう意味でわたし的には合格なナポリタン。

どこか懐かしい感じのする、小洒落ていない正統派ナポリタンです。

 

ボルセナ

チキンスープを絡めたクリーミーなスパゲッティです。(メニューより)

クリームパスタといっても濃厚な生クリームのパスタではなく、チキンスープの出汁が効いた牛乳のクリームの味です。

懐かしくて温かい、家庭的な味のスパゲッティ。イタリアンではなく日本のスパゲッティ。

個人的には、このボルセナスパゲッティがわたしは大好きです。

 

ボルセナって何?

ちなみに、ボルセナって初めて聞くので、調べてみました。

イタリア中西部の町の名前にボルセナとあるようです。

京都で有名な老舗喫茶店イノダコーヒーにも「ボルセナ」というスパゲッティメニューがあり、チキンスープにホワイトソースのスパゲッティを指すようです。

 

結び

前田珈琲のスパゲッティは量が多めなので、食べるとお腹いっぱいになります。

でも、それがなんだか嬉しい。

食後に飲むコーヒーはまた格別です。

 

関連情報


前田珈琲 室町本店
〒604-8151 京都府京都市中京区橋弁慶町 烏丸西入ル橋弁慶町236番地 蛸薬師通
TEL:075-255-2588
営業時間:7:00〜19:00/無休
アクセス:阪急京都線「烏丸」駅、地下鉄烏丸線「四条」駅より徒歩5分

▽前田珈琲のホームページ

▽前田珈琲の他の記事

コメント