ドトールの全粒粉サンド 大豆ミート ~和風トマトのソース~(2020年9月〜)

カフェ・レストラン

どうも。こんにちは。

昨日発売になった鬼滅の刃最終巻を読んだので、感想を書こうと思ったのですが。

今日はそうじや買い出しやらで午前中忙しくずーっと動いていて、キャパオーバー気味です、ってか現在キャパオーバーしてます(←HSPさん)

2日に1回更新したいし。今日は頭を使う感想は無理だ!

というわけでストックネタから困ったときのドトールです。

 

全粒粉サンド 大豆ミート ~和風トマトのソース~

 

はい。9月17日発売です。カニグラタンより後になってしまった。

▽かにグラタンのミラノサンド

 

ドトールがミラノサンドじゃない新メニュー。

いや、今までもそれ以外のもあったけど。(ナンドッグまたやってほしい)

しかも全粒粉と大豆ミートというめちゃヘルシーな感じ。

 

ベジタリアンな人にも嬉しい感じか。

とりあえず各食材の主原料には動物性食材は使っていないそうです。

でも「同じ食材製造工場や店舗では動物性食材を含む食材を扱っています」と、注意書きが書いてありました。

ヴィーガンの人にもいけるのかは、その方面に詳しくないのでちょっとよくわかんないです。

※ホームページを確認したら、完全菜食主義の方に向けた商品ではないそうです。

 

ベジタリアンほど主義ではないけど、ちょっとヘルシーに食べたいよねという人向けですね。

 

実は、大豆ミートを食べるのは初めてです。

というのも、みのりさんの家はとにかく肉食。カニより肉。(カニを引きずる)

海からも遠いのでおいしい魚にも恵まれず、我が家で魚が出る日には、別に肉料理もついていました。(兄が魚を食べないので)

鍋(水炊き)をするときは、豚肉一択(ツミレは鶏肉)。魚なんて入れたら味変わるじゃないか。

え? 焼肉や鍋のときは1キロ以上買いますよ、肉。(大人5〜6人です)

兄が子供のころ友達の家で鍋をご馳走になったら、魚の鍋で食べるものがなくて困ったそうです。

 

という家庭で育ったし、別にベジタリアンでもないのであえて大豆ミートを食べようという気がしなかった。

豆腐ハンバーグは好きだけど、あれは豆腐100%じゃなくて鶏肉が入っていることも多いし。

てか、牛肉100%のハンバーグっておいしいよね。

 

あ、しまった。話が超脱線。(すみません)

そういうわけで、そんなに興味がなかったので、こちらの大豆ミートの全粒粉サンドを食べたのは11月に入ってからでした。

 

 

興味がないなりにドトールの全粒粉サンドは興味があったので(どっちですか)

ついにお昼ごはんに食べに行きました!

 

 

香ばしい風味の全粒粉入りパンに、「畑のお肉」といわれる大豆を主原料とした大豆ミートハンバーグを使い、きんぴらごぼうと和風トマトのソースとともにサンドしました。
大豆とは思えないお肉感ときんぴらごぼうの食感で、満足感を得られる一品です。

ドトール公式ホームページより引用)

 

はじめての大豆ミートは、すごい! お肉っぽい味でした。

豆腐ハンバーグとは違ってお肉っぽいけど、でも大豆だからか、あっさりしています。

きんぴらごぼうと和風トマトソース(見事に写真では見えない)も、合います。

 

全粒粉のパンも良い感じ。個人的に全粒粉のものって好きです。

玄米は苦手だけれど、全粒粉は抵抗なく食べれるというか、むしろふつうの小麦より好きだ。(でも高い)

ミラノサンドのパンも全粒粉でやってほしいくらいです。(コストが上がるかな)

 

308kcalとヘルシーながら、腹持ちも悪くないです。

ちょっと今日は軽く食べたいとか、身体に優しいものを食べたいという人には、とってもおすすめです。

 

結び

はじめての大豆ミートは、良い感じの出会いになりました。

すごいめずらしいなあと思ったのですが、よくよく考えるとモスバーガーはずっと前からソイパティをやっていたじゃないか。

モスバーガーは月1で利用するほどモス好きな人なのですが、いつもお肉のバーガーしか目に入っていなかった。ソイパティを選ぶ日は一生来ないなというほど目に入っていなかった。

 

なんか、書けば書くほどいろいろと大豆ミートを取り上げるにふさわしくない感じになってすみません。

ちなみに、このあとハーブスにバナナクリームパイを食べに行ったのでした。

▽これ。

 

関連情報

▽ドトールの公式ホームページ

▽かにグラタンのミラノサンド

▽ハーブスのケーキはボリューム満点。

 

コメント