古事記を漫画で楽しもう「愛と涙と勇気の神様ものがたり まんが古事記」ふわこういちろう

漫画
スポンサーリンク


愛と涙と勇気の神様ものがたり まんが古事記
ふわ こういちろう著 戸矢 学(監修)

 

「古事記」といえば、日本で最も古い書と言われ、歴史で必ず習います。

なんとなーく、知っているけれども、あんまりよく知らない。わたしはそんな感じでした。

もうちょっとちゃんと知りたいなあ」むくむくと、好奇心の芽が出始めました。

試しに、現代語訳のついた本を1冊買ってみたのですが、数ページで挫折。

そのあと手にしたのが本書です。

 

スポンサーリンク

気軽に古事記を読んでみよう

勉強するときに、いきなり難解な問題から取り組むとうまくいかないように、取り組むときには順序というものがあります。

やっぱり漫画って便利です。

例えば、「あさきゆめみし」を全巻読んでおけば、とりあえず源氏物語のあの超ややこしい人物相関図はたちどころに理解できるようになるのです。

 

というわけで、まずは漫画で読める古事記を探してみることにしました。

本書のおすすめポイント

絵がかわいい

これは個人的な好みの問題なのですが、わたしは絵がかわいくて気に入りました。

アマテラスもスサノオも、かわいい。

特に気に入ったのがニニギ(アマテラスの孫)

 

わたしはこの本で初めて瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)を知りました。

ニニギノミコトは名前がいっぱいあるようなのですが、本書では「天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇邇芸命(あめのにぎしくににぎしあまつひこひこほのににぎ)」という名前で呼ばれています。

長くて覚えられない!

あっ、ニニギでいーよ」と、さらりとニニギは答えます。

とってもかわいくて親しみのある神様として描かれています。(アマテラスを「おばあちゃん」と言って、アマテラスに怒られています……かわいい)

 

とってもわかりやすい

本書は、古事記を漫画として描いた、つまり物語としての漫画ではなく、どちらかというと漫画を使いながら古事記の内容をわかりやすく解説した本になります。

そのため、説明文も多いので、単純に漫画をとして楽しみたい方には「ちょっと違う」と思われるかもしれません。

 

わたしは古事記を知りたくて本書を手にしたので、逆に解説がいろいろ載っていて、それでいて内容についての理解が深まり、とてもわかりやすくて良かったです。

結構細かい神様の名前まで載っています。

昔、現代語訳の古事記を読んだときは、その名前の多さに投げ出したのですが、日本神話はほんとうに八百万なんだなあと。

 

本書は上巻まで

古事記は上巻・中巻・下巻とあるのですが、本書は神武天皇(日本の初代天皇)が登場する上巻までがまとめられています。

中巻・下巻はダイジェストでさらっと。

日本の国ができるおおもとのところを詳しくわかりやすく、まとめてくれているので、とりあえず本書を読めばある程度わかるようになります。

 

各章の巻末についたQ&A(「DJサルタのモヤモヤズバッと解決!道開きQ&Aコーナー」サルタヒコ(道開きの神様)がDJ風に答えてくれる)とか、著者の巻末のおまけとか、結構豆知識も豊富です。

 

もっと気になったら、さらに掘り進めればいい

漫画がメインなので、やっぱり情報量としては物足りない部分もあるかもしれません。

でも「古事記」の概観は身につけることができるし、「もっと知りたい」と思ったら、もっと掘り進めていけばいいのです。

次は現代語訳にチャレンジするのもいいし、古事記を題材にした別の作品を読んでみるのもいいでしょう。

 

神社とか行くのも、ちょっと面白くなります。

わたしはこの本を読むまでニニギノミコトのことをまったく知らなかったのですが、知った後に椿大神社へ行ったときは「あー! あのニニギ」と嬉しくなりました。

 

日常の実はけっこう身近なところに古事記の世界は存在しています。

 

詳しい方からすると当たり前すぎることかもしれませんが、初心者のわたしには、「面白いなあ」とワクワクすることが増えました。

毎年、伊勢参りに行っていたのも、はじめはよくわからなくて行っていたのですが、いろいろ知るようになると旅の醍醐味が変わります。

 

結び

先日「天気の子」の感想を書いているときに、のそのそと取り出してきたのが本書です。

「そういえば、この本はまだブログで取り上げていなかったなあ」と思い出して、今回取り上げてみました。

表紙の絵に親しみが浮かんだ方(とりあえず拒否感が出なければOK)、古事記ってよくわからないけど気になるという方は、おすすめです!

 

関連情報

あさきゆめみし 完全版1 [ 大和 和紀 ]
created by Rinker

あさきゆめみしは大好きで、昔は何回も読んでいました。コミックス(昔のですが)全巻持っています。

 

▽関連記事

漫画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ミノリをフォローする
スポンサーリンク
HSP とりねこブログ 

コメント