アニメSHAMAN KING(シャーマンキング)第23〜24廻感想

今回の感想は省エネモードです。(すみません……

 

 

※前作アニメ(2001年版)視聴済みです。

※原作コミックス(KC版)全35巻読んでいます。

※ネタバレありです。ご注意ください。

 

 

第23廻「葉力」

葉が葉らしくあることが、いちばん。

無理に強がるのでもなくて、なんというか、しなやかな強さ。

ファウストも竜さんも、自分の想いを託せる相手がいるってとてもすごいこと。

 

「超・占事略決」の力もあるけれど、根底にはこれまでのいろんなことが積み重なって今の葉くんやふんばり温泉チームがいるんだろうなあと思いました。

葉くんと戦った相手はみんな最後は一緒にごはんや宴会を囲む仲になるのも、お馴染みなんだけどとてもホッとします。

 

もし蓮が出会ったのが、葉ではなくハオが先だったら、また変わっていたのかなとも思います。

蓮も葉に出会ってずいぶん変わりました。

とんがっているしプライドが高いのは相変わらずだけれど、人として成長していっている感じがする。

リゼルグも、先に葉と出会っていて良かったと思える日がいつか来るのでしょうか。

 

 

第24廻「正義に一番必要なもの」

X-LAWSがメインのお話です。

いつの間にかアンナさんも普通の服バージョンに戻っています。

あの温泉若女将&若旦那ファッションは一体なんだったのか。二人ともかわいかったけど!

 

ハオ様圧倒的です。強いなんてもんじゃないです。エグいです。

X-LAWSの思想ややり方はやっぱり同意できないところが多いのだけれど

やっぱり何かもやもやが残りますねえ。

葉くんもめずらしく怒っています。彼は単に緩い人じゃなくて怒るところはちゃんと怒れる人でもあると思う。

 

まん太の反応は、いたってまともです。

普通の人の反応を代弁してくれているように思います。

 

関連情報

▽シャーマンキング公式サイト

シリーズ累計3,500万部突破の武井宏之先生による大人気コミックス『SHAMAN KING』が、装いを新たにシリーズを最…

▽第22廻感想「あなたとならどこまでも」

関連記事

※前作アニメ(2001年版)視聴済みです。 ※原作コミックス(KC版)全35巻読んでいます。 ※ネタバレありです。ご注意ください。   箇条書き感想 ・夜中に目が覚めて目の前にファウストがいたら軽くホラーです[…]

 

▽原作コミックスはこの辺。

 

▽Blu-ray BOXも第2弾。

 

 

最新情報をチェックしよう!