SHAMAN KING(シャーマンキング)第12廻「蓮VS円 道の終焉」感想

アイキャッチは潤さん。潤さん好きすぎてうまく描けないので、どこかでまた再チャレンジしたいです。

 

※前作アニメ(2001年版)視聴済みです。

※原作コミックス(KC版)16巻まで読んでいます。

※ネタバレありです。ご注意ください。

 

感想(箇条書き)

・蓮がめちゃまるくなりました。ほんとうに別人(我が子の成長を見守る親の心境)

・あっという間にキョンシーシャモンさん登場。

・まん太よくぞ無事だった。(あの状況でものすごい頑張っていると思う)

・尺の関係か、キョンシーシャモンさん改造されてハイパーキョンシーみたいになっているのに、弱く感じる。

・それは潤さんが夜なべして修復したパイロンが強過ぎたからかな。

・「決めちゃったんだもん」は潤さんの名セリフなんですが、これまでの潤さんと違い過ぎて聞いていてちょっと気恥ずかしくなります(でも好き)

・その後の蓮の「姉さんがキレた」までがセット。

・竜さんのリーゼントがどんどんわけわからないことになっていく。

・とりあえず控えめに言って化け物に見えるお父さん。

・蓮が成長して仲間のことも思いやるようになった(子どもの成長を見守る……以下略)

・葉の「ヒゲ以外は」発言は、髭はふつうじゃないってことでいいですか。

・まあふつうじゃないよね。どうやったらあんなにエキセントリックなヒゲになるんだろう。(ヒゲの話はどうでもいい)

・蓮のおじいちゃんと母上が登場。お母様美人すぎます。潤さんは母親似。

・20日もシャワー浴びていないくらい拘束されていて、瀕死の親子喧嘩している最中に、この人たちはご馳走を用意して待っていたのかと思うと、道家はやっぱり怖いです。

・ある意味で円よりも最強なのはこの人たちではなかろうか。

・道家は道(タオ)と掛けてある。刺青にもある太陰太極図にあるように、道家は道の思想と関わりが深いのかもしれません。

・おじいちゃんの道語りも、なかなか深いものがあると思います。

・たぶん若者は年寄りの話をちゃんと聞いてない。

・なんだかんだで中国編終了。

・いよいよシャーマンファイトも始まります。

・次回はいよいよハオが登場しますね。

・まあ、ぶっちゃけ1話から登場していたんだけどね。生まれて初めて喋った言葉が「ちっちぇえなあ」の人ですよ。

 

 

結び

オープニングとエンディングの曲もだいぶ耳に馴染んできました。

次回は物語が動き出しそうなので楽しみです。

 

 

関連情報

▽アニメ「SHAMAN KING」公式サイト

シリーズ累計3,500万部突破の武井宏之先生による大人気コミックス『SHAMAN KING』が、装いを新たにシリーズを最…

▽第11廻「男二人」

とりねこブログ 

もう11回目なんですね。 そろそろ感想が倦怠期に入ってきました。 だんだんアイキャッチの絵を描くのが面倒になってきました…

 

▽今回のお話は、原作ではこの辺。

▽Blu-ray BOXも出るそうですよ。

 

▽おまけ。道について。

とりねこブログ 

  老子が教える実践 道の哲学 あるがままに生きる智恵 ウェイン・W・ダイアー     デレク・ユアンの「真説 孫子」を…

 

最新情報をチェックしよう!