SHAMAN KING 第2廻「もう一人のシャーマン」

アニメ

アイキャッチのイラスト、最初は馬孫(人魂モード)も描いていたのですが、2000年版よりも新作人魂モードはレベルアップしていたのをアニメで確認して消しました……まあ、いいや。

第2廻感想です。

 

※前作アニメ(2020年版)全視聴済みです。感想では前作に触れています。

※コミックスは未読です。(そのうち読みます)

 

感想

蓮が登場しました。

いろいろとブレない物言いが蓮らしくて良いなあと思います。

いや、もう見事に悪役っぽい感じで良いですね(笑)

シャーマンキングには基本悪役はいないと思うんだけど。

でも、やっていることは無茶苦茶だなあ。まあ蓮らしくて良いんだけど(2回目)

 

葉は良くも悪くも緩い性格なので、ツンツンしている蓮がいると、ちょうどバランスが取れていて良いなあと思います。

まん太とは違う立ち位置で葉にとって大事なキャラですよね。

 

……と、もうこの感想が前作アニメを見た前提で書いているのですみません。

 

旧作アニメのときは、蓮はそんなに好きじゃなかったんですが(ああいうツンツンしている子は昔はあんまり好きじゃなかったのです)、去年見返してみてぐっと好きになっていました。

 

 

たぶん新作アニメは先まで描くことを前提とされているからか

前作よりも巻きが早いです。

「あれーこんなに早かったけー?」と思ってWikiで調べたら、2話分を1話くらいでまとめているスピードでした。1廻目も早いなあと思っていたんだ。

 

次回はいよいよアンナ女将の登場です。

と思ったら、潤さんも登場です。忙しい!

どっちもマンキンで好きな女性キャラです。

 

結び

先日近所のTUTAYAへ行ったら、アニメ化で遂に新装版コミックスがレンタルされていました。う、嬉しい。

まだ29巻までしか出ていなかったのですが(全35巻)、原作も読んでいきたいと思います。

 

関連情報

▽アニメ「SHAMAN KING」公式サイト

▽第1廻「幽霊と踊る男」

▽第3廻「アンナと道潤」

 

コメント