はじめに

はじめまして。みのりと申します。

はじめにこのブログについて簡単に説明します。

 

このブログについて

※2021年1月改訂

2018年の1月から、このブログを始めました。

これを書いている2021年現在、とりねこブログはこんなテーマを扱っています。

  • スイーツや食べ物系(主にチェーン店)
  • 本や漫画、アニメ、映画の感想・レビュー
  • 時々お出かけの記録(美術館、神社、その他)
  • プロモーション(主にアフィリエイトです)

 

雑食です。その時々で、自分の興味のあることを綴っています。

何か興味のある記事から、派生して他の記事に興味を持ってもらえると良いなと思います。

もちろん一つのテーマだけ楽しんでもらえても、とっても嬉しいです。

 

※注意書き〜HSPについて〜

2018年にはじめたときは「HSP とりねこブログ」という名前でした。

2021年に「とりねこブログ」と、冠のHSPを外しました。

もともとHSPのことも書けるブログとして始めたのですが、3年経って「もういいかなあ」と思うようになったので、メインコンテンツから外しました。

記事自体は残しています。時々気が向いたらたまに書くかもしれません。

メインから外しましたが、管理人はバリバリのHSP(自称)なので、もしHSP目当てでお越しいただいた方は、お声かけ(お問い合わせやコメントなど)いただいても大丈夫です。ウェルカムです!

 

カテゴリについての説明書き

<食べ物系カテゴリ>

スイーツ 甘いものの話。カフェチェーン店から手づくりまで、甘いものならなんでも。

カフェ・レストラン 外でお食事したものの記録

オムライス オムライスのお話(オムライス好きなんです……)

シナモンロール コロナ禍で急遽はじまったシナモンロールをめぐる旅

<感想・レビュー系カテゴリ>

 読んだ本の感想・紹介。小説から漫画まで幅広く。

映画・ドラマ 映画・ドラマ、アニメの感想・紹介

<お出かけ系のカテゴリ>

お出かけ・旅行 お出かけしたときの記録(食べたものは、食べ物系のカテゴリです)

<その他カテゴリ>

HSP HSPについてのコラムと、HSP関連の本の紹介

雑記 どこにも分類されない日々のできごと

その他 主にアフィリエイト関連のプロモーション記事です。

お知らせ ・更新情報・ブログ運営 そのまま

 

おおまかにこんな感じですが、カテゴリごとにさらに細分化したり、タグでカテゴリを越えて繋がっているものもあります。適宜増えたり減ったりしています。

 

自己紹介

関西在住。30代女性。

好き:オムライス、イチゴ、村上春樹、J・オースティン、梨木香歩、木、静かなところ、ピサロ、ハリー・クラーク、甘いもの(思いついたら増えます)

嫌い・苦手:納豆、貝類(少し克服)、虫、人が多いところ、辛いもの、お酒(思いついたら増えます)

 

お仕事はHSP特性をそこそこに生かして働いています。

お仕事関連が忙しくなると、HSP的にキャパオーバーになってブログから姿を消します。(なるべく消さないようにがんばりすぎないようにがんばっています)

 

 

とりねこって何?

 

ブログの名前の「とりねこ」について。

これは、昔友だちと作っていた創作の物語のなかに登場する架空の生き物の名前です。

猫に鳥の翼がついているから「とりねこ」。(上の画像左側)

元々の由来は、北欧神話に登場する世界樹ユグドラシルがトネリコの木で、それをはじめ「トリネコ」と勘違いしたところから。トネリコってなんだか面白い響きですよね。

というわけで、とりねこそのものに意味はありません。

ほんとうはブログ名は、もっとわかりやすい名前がいいんだけど、このブログ自体雑多なので、あえてわかりにくい名前です。ごめんなさい。

以前は左側の猫に翼がついたバージョンで描いていましたが、ここ最近「(猫と鳥を)分離してもいいかなあ」と思うようになりました。

たまにブログ内でマスコット的にイラストを載せるときは、「”とり”と”ねこ”」バージョンのとりねこ(画像右側)になると思います。

 

HSPって?(2021年〜コンテンツ縮小)

HSPって聞いたことありますか?

HSPとはHighly Sensitive Personの略で、日本語では「とても敏感な人」「ひといちばい敏感な人」等と訳されています。

 

アメリカの心理学者、エレイン・N・アーロン博士が1996年に提唱した比較的新しい概念です。

アーロン博士によると、どの社会にも男女問わず、人口の15〜20%の割合で存在するそうです。

 

HSPは、大きく5つの特徴があります。

①刺激に敏感に反応する

②人の影響を受けやすい

③直感力があり、ひらめきが強い

④慎重で、自分のペースで行動することを好む

⑤内的生活を大事にする

 

アーロン博士のHSPチェックリスト(23項目)で、12項目以上当てはまる方は、HSPの可能性が高いそうです。でも、1〜2項目でもそれが非常に強い傾向であればHSPの可能性もあるとのこと。

ちなみにわたしはこのチェックリストで、23項目中18項目該当しました。

 

 

HSPは医学的な概念としては認められていません。

病気ではなく、生得的な気質です。

15〜20%ということは、約5人に1人はいるということで、実はそんなにめずらしくない少数派です。

でも個人差があるし、曖昧なところも多いと思います。HSPといっても、人それぞれに違うからです。

わたしも、HSPを知って、これはすごく自分に当てはまると思いましたが、わたしの感じているHSPっぽさと、他のHSPの方では、重なる部分もあれば重ならない部分もあるでしょう。

 

HSP気質を持っていて、生きづらさを抱えている人ってきっとわたしの他にもいるんじゃないかなあと思いました。

自分を知る”、“自分をわかる”って、とても大切なことです。

このブログをきっかけに、HSPについて知ってもらえたり、自分はどうなんだろうと考えるヒントになったりできると幸いです。

 

※2021年1月追記

……というコンセプトで、2018年からブログの一部でHSPについて細々と発信していましたが、2021年から縮小することにしました。

コンテンツは残していますので、「はじめに」のこの文章も残しておきます。

 

 

▽HSPについては以下の文献を参考にしました。

 

 

結び

ここまで目を通していただいてありがとうございます(涙)

 

それでは、このブログが誰かにとって、ほんの少しだけ有意義なものとなりますように。