2020-08-09

小説

「祝祭と予感」恩田陸/「蜜蜂と遠雷」映画の感想も

実は、本を開くまでなんの本か知りませんでした。 1ページ目を読みはじめて、「あ、これは『蜜蜂と遠雷』のお話だ」と知りました。 通りでタイトルの響きが似ているわけだ。 ▽「蜜蜂と遠雷」...
スポンサーリンク